チンジャオ娘×達磨さん転んだ 作品 飼育小屋少女

飼育小屋少女 1話ネタバレ&無料試し読み

更新日:

 

 

『飼育小屋少女』をネタバレします♡

 

 

 

「無料立ち読み」はコチラ

↓   ↓   ↓

ガマンは、カラダに禁物♡

 

【飼育小屋少女】LP1※スマホ専用

 

 

 

第1話あらすじネタバレ
「その飼育小屋の中では少女がオスたちと交尾させられていた」

 

 

この春、教師である主人公の男は、とある地方の学校へ異動となりました。

 

 

そこは都会でもド田舎でもない、街のどこにでもある ごく普通の学校。

 

 

――ただひとつのことを除けば。

 

 

その学校の飼育小屋で主人公は「彼女」に出会ったのでした。

 

 

飼育小屋…?彼女…?

 

 

赴任初日、同僚の女性教師に学校を案内してもらう主人公。

 

 

女性教師

「校舎はこんなものですね」

「次は校舎へ…と言っても遊具のほかには飼育小屋くらいですが」

 

 

校庭では生徒たちが無邪気に遊んでいて、のんびりとした雰囲気が満ちています。

 

 

子どもたちは新しい先生に興味深々で、遠巻きに見てくるのが分かります。

 

 

女性教師

「ふふふ 若い先生が来るってみんな楽しみにしていたんですよ…」

「ここが飼育小屋ですね」

 

 

少し広めだが、ごく普通の飼育小屋。

 

 

その前で彼女が立ち止ります。

 

 

どんな小動物がいるのかと、中を覗きこむ主人公。

 

 

すると、そこには裸の女の子がいるのです。

 

 

主人公

「なっ これは一体!?」

「なんで女の子がこんなところに」

 

 

女性教師

「何を驚いているんですか?」

「あぁっ…そういえば都会では珍しいんでしたね」

「ただの動物ですよ 確かに人間に似てますが…」

 

 

これは人間ではなく、この地方によくいる 人間にそっくりなだけの動物なのだという。

 

 

ここまで行くと、人間というものの定義づけの問題になってきますね…。

 

 

『そんなことがありえるのだろうか?』

と疑問を持つ主人公。

 

 

ですが、女教師のごく普通の態度が その言葉に妙な説得力を持たせます。

 

 

飼育小屋の前で主人公が戸惑っていると、生徒たちが近寄ってきました。

 

 

子ども

「せんせい!ほら ミミにこれあげて!」

 

 

主人公

「あ あぁ…」

 

 

くず野菜を差し出される主人公。

 

 

それに『動物の餌ではないか』と思います。

 

 

生徒も この状況に疑問を抱いてはいません。

 

 

そして、女の子の姿をした動物。ミミが柵の手前まで寄ってきます。

 

 

主人公

(人間ならこんなもの食べるはずがない…)

 

 

襲る襲る少女に餌を近づけると、彼女は無垢な笑みで主人公を見つめ返してきました。

 

 

その瞬間、鼓動が高ぶる主人公。

 

 

反射的に少女に餌を渡し、女教師に促されるまま小屋をあとにします。

 

 

そして気が付くと、女教師の仕事である飼育小屋担当を手伝わされる話になっていました。

 

 

釈然としないまま、それを受け入れてしまう主人公。

 

 

そして、ミミのあの笑顔が 頭から離れません。

 

 

 

「無料立ち読み」はコチラ

↓   ↓   ↓

ガマンは、カラダに禁物♡

 

【飼育小屋少女】LP1※スマホ専用

 

 

 

そして翌朝。

 

 

「―――きゃう きゃん あ゛う あー!」

 

 

主人公

(小屋のほうが騒がしい。)

 

 

生徒や女教師の声のなかに、小動物の鳴き声のようなものが混ざっています。

 

 

胸のざわつきを覚え、急ぎ声の方へ向かいます。

 

 

そこでは…。

――少女がケダモノに犯されていた。

 

 

主人公

「こ これは一体!?」

 

 

女性教師

「おはようございます 先生 そういえば言ってなかったですね」

「この小屋ではオスも2匹飼っているんですよ 昨日は散歩で外に出していましたが…」

 

 

主人公

「い いえそうではなくてっ 早く止めないと!」

 

 

女性教師

「あぁ…交尾のことですか?」

「確かにミミはまだ小さいですが」

「メスはこの仔しかいませんし」

「オスが発情期だからさせてあげないのも可哀想でしょう?」

 

 

主人公

「交尾って…」

 

 

またも『普通』に言い放つ彼女たち。

 

 

女教師は少し呆れ顔で、生徒たちは行為の意味が分かっているのかいないのか、キャッキャとはしゃいでいます。

 

 

主人公だけが「異常」に絶句していると、もう一匹のオスが少女に近づいてきた。

 

 

女性教師

「あらポチったら 待ちきれなかったみたいね」

 

 

ポチと呼ばれたオスが、ミミの口に自分のペ●スを無理やりねじこみます。

 

 

ミミの喉から苦しそうな声が漏れます。

 

 

生徒

「ははは ポチのやつ違う所に入れている!」

「そこじゃ赤ちゃんできないのに!」

 

 

あっ、交尾がそういう意味で入れる場所云々もこの子達わかってるんですね…。

 

 

女性教師

「うふふ…あれにも意味があるのよ」

「ああやってオスはメスを発情させて妊娠させやすくしているの」

 

 

まるで 理科の授業でもしているかのような女教師たちの声が、ぼんやりと主人公の耳を通り抜けていきます。

 

 

―――ドピュ ドプン ドプン!!

 

 

ミミ

「ん゛…っん゛~~~ん゛」

 

 

オスと少女が 同時にビクビクと身体を震わせます。

 

 

その激しさに、少女の小さな子宮へ 大量の精が注がれる光景が目に浮かぶのでした。

 

 

もう一匹のオスも こっちに集中しろ!といわんばかりに激しく少女の喉奥を突きます。

 

 

やがて少女の苦しげな声が一瞬途切れ、次にゴクゴクと喉が鳴らされました。

 

 

続けざまにオス2匹が彼女の小さな体内に精を放つ様子を、主人公は呆然と見ていることしかできません。

 

 

目を背けたくなるような痛ましい光景に、どうしてか主人公のモノは痛いほどいきり立っているのでした。

 

 

「飼育小屋少女」1話の感想

 

 

とてもインモラルな世界観というか、それを『動物』であるというエクスキューズで緩和、それと同時に背徳感を生み出していますね。

 

 

とても独特な世界観だと思います。

 

 

ミミちゃんは可愛いですが、またその可愛さがインモラルさを際立たせているというか…。

 

 

ある意味1話が全てな気もしますが、今後どう展開していくか期待です。

 

 

次話は「金網越しに手を繋ぎながら少女は他のペ○スに侵される」

 

 

これは…想像しただけで興奮…。

 

 

 続きはコチラ 

 

 

 

「無料立ち読み」はコチラ

↓   ↓   ↓

ガマンは、カラダに禁物♡

 

【飼育小屋少女】LP1※スマホ専用

 

エロ漫画やアニメをネタにして稼ぎ、上司や同僚とサヨナラバイバイして 自由になる

 

 

-チンジャオ娘×達磨さん転んだ 作品, 飼育小屋少女

Copyright© チンジャオ娘ネタバレ天国:エロ漫画全作品のあらすじ , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.