チンジャオ娘×エンガワ卓 作品 姉はヤンママ授乳中in実家

姉はヤンママ授乳中in実家 7話ネタバレ&無料試し読み

更新日:

 

 

『姉はヤンママ授乳中in実家』をネタバレします♡

 

 

 前回はコチラ 

 

 

 

「無料立ち読み」はコチラ

↓   ↓   ↓

ガマンは、カラダに禁物♡

 

BookLiveコミック【姉はヤンママ授乳中in実家[KATTS]】※スマホ専用

 

 

 

第7話
「こ、これは…プロレスごっこよ!」息子の目の前で弟チ○ポに負けちゃう母

 

 

―――そして数日後…

 

 

「姉貴も、やっぱ俺のチ○ポが恋しかったんだな」

「毎晩 部屋にヤりに来てくれるなんて…」

 

 

「ハァ?」

「こうやってヌイてやんないと、あんたがまたチビたちの横で 夜這いに来るからでしょーが」

 

 

弟君の自室でエッチをする二人。

 

 

子供たちが起きる前に済まして欲しいと お姉ちゃんは急ぎます。

 

 

「姉貴…た たんま…」

「もう出ちゃう…!」

 

 

「だから出せって言ってるでしょ」

「あ 約束どおりちゃんと外でね」

「じゃないと もう二度と生でヤらせないからね」

 

 

この言葉に情けない言葉を上げる弟君。

 

 

それを見かねてお姉ちゃんは舌を絡めたキスで慰めます。

 

 

―――キィ…

 

 

ダイキ
「かーちゃん…ここ…?」

 

 

「い゛い゛ッ!?」

「だ ダイキ…?」

「ど どうしてここに…?」

 

 

 

「無料立ち読み」はコチラ

↓   ↓   ↓

ガマンは、カラダに禁物♡

 

BookLiveコミック【姉はヤンママ授乳中in実家[KATTS]】※スマホ専用

 

 

 

おしっこに行きたくなり起きてきたダイキ君に 遂に目撃されてしまった二人。

 

 

ダイキ

「でも、かーちゃんいなかったから…タク兄の部屋でなにしてんの?」

 

 

「こ これはその…」

 

 

ダイキ
「今日はタク兄とプロレスごっこしてんの?前もとーちゃんとしてた…」

 

 

…あっ 前も旦那さんとの行為を目撃されてたんですね…。

 

 

「そ そう!プロレスごっこ!」

「かーちゃんたち昔からよくやってたの!」

 

 

誤魔化すための発言ですが、旦那さんにこれをダイキ君から伝わったらより大変な気が…(笑)

 

 

ちなみに、実際昔からこの姉弟は、"本当の"プロレスごっこはしていたそうです。

 

 

そしてそれを思い出して 腹が立った弟君。

 

 

ダイキ君が見ている前で下から突き上げます。

 

 

「ひううッ」

 

 

ダイキ

「かーちゃん…?」

 

 

「ちょ やめ…っ 何考えてるの…?」

 

 

「寝ぼけてるし大丈夫だって」

 

 

息子のダイキ君が見てる前で、お姉ちゃんを責めたてる弟君。

 

 

ダイキ

「かーちゃん…プロレスごっこタク兄に負けちゃってるの…?」

 

 

「そんなこと…」

「ないっっ」

「かーちゃんこんなやつに…」

「負けたりしないんだからぁぁっ」

 

 

「そうそう…姉貴は俺のチ○ポになんか負けたりしないよねぇ~」

 

 

姉弟のやりとりは、よくエッチな漫画にあるパターンですね(笑)

 

 

「お願い…もう許してぇ…」

「ダイキにこんな顔見せたくないよぉ…」

 

 

「じゃあもうイってあげるけど…中で出してもいい?」

 

 

完全に 最初と形勢逆転ですね。

 

 

「イイ!」

「中で出していいから…」

「お願い早く!」

「いくうううッッ」

 

 

―――ビュルルル…ッ

 

 

ダイキ君の前で絶頂し、同時に中出しをされるお姉ちゃん。

 

 

(ダメなのに…また弟に中○しされながらイッちゃった…)

 

 

ダイキ

「…どっちが勝ったの?」

 

 

「同時だったから引き分けかな?」

「だから…かーちゃんもう一回戦してくから…おしっこは一人で行ってね」

 

 

なんとか その場をやり過ごすことに成功(?)した二人なのでした。

 

 

あのプロレス事件以降、二人は少しづつ大胆になってきていました。

 

 

「ちょっと!夜以外はダメだってば…」

 

 

洗濯中のお姉ちゃんに、後ろから勃起したおち○ち○を押し付ける弟君。

 

 

「…ったく…ちょっとだけだからね?」

 

 

お姉ちゃんも、呆れながらも応じてくれます。

 

 

「とか言って 俺のち○こが欲しくなったんだろ~?」

 

 

「う うるさいなぁ~」

 

 

否定しないんですね(笑)

 

 

ダイキ

「ただいまーーー!」

 

 

―――ギクッ!!

 

 

帰宅するダイキ君に 慌てて服を整える二人。

 

 

そして、泥だらけで帰ってきたダイキ君を お風呂に入れてあげようとします。

 

 

この歳の子らしく、お風呂が嫌いな様子のダイキ君。

 

 

ダイキ

「タク兄も一緒ならはいる!」

 

 

姉&弟

「えっ」

 

 

「姉はヤンママ授乳中in実家」7話の感想

 

 

相変わらずラブラブでいいですね、この姉弟。

 

 

いや、お姉ちゃんの方は不倫なので、いいってことはないんですが(笑)

 

 

しかし、寝ぼけてるからとはいえ、普通にダイキ君の前でエッチしちゃう二人…。

 

 

次話は「「シャンプー中は目開けちゃだめだぞ」仲良くお風呂でこっそり生膣内出し」

 

 

これ、ダイキ君大人になったら思い出して気づくんじゃないでしょうか…?(笑)

 

 

 続きはコチラ 

 

 

 

「無料立ち読み」はコチラ

↓   ↓   ↓

ガマンは、カラダに禁物♡

 

BookLiveコミック【姉はヤンママ授乳中in実家[KATTS]】※スマホ専用

-チンジャオ娘×エンガワ卓 作品, 姉はヤンママ授乳中in実家

Copyright© チンジャオ娘ネタバレ天国:エロ漫画全作品のあらすじ , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.