チンジャオ娘×エンガワ卓 作品 姉はヤンママ授乳中in実家

姉はヤンママ授乳中in実家 10話ネタバレ&無料試し読み

更新日:

 

『姉はヤンママ授乳中in実家』をネタバレします♡

 

 

 前回はコチラ 

 

 

 

「無料立ち読み」はコチラ

↓   ↓   ↓

ガマンは、カラダに禁物♡

 

ハンディコミック【姉はヤンママ授乳中in実家[KATTS]】※スマホ専用

 

 

 

第10話 あらすじネタバレ
「まだまだアタシもイケてるっしょ」むちむちビキニ人妻ボディを貪り放題

 

 

「ふ~極楽極楽♪」

 

 

ダイキ

「かーちゃんせまーい!」

 

 

弟君が庭に用意したビニールプールに浸かる姉親子。

 

 

ですが、お姉ちゃんの身体にはビニールプールは狭く、ほぼ占領してしまっています。

 

 

「ダイキがかわいそうだろ…」

 

 

同情する弟君ですが、次男を産んでからプールなど行けていなかったお姉ちゃんは特に気にせず ビニールプールを堪能します。

 

 

「あ~これでビール飲めたらサイコーなんだけどなぁ…」

「そうだ ちょっとコンビニひとっ走りして ノンアルビール買ってきてよ」

 

 

「イヤにきまってんだろ」

 

 

「えーケチ!」

 

 

「…じゃあ代わりに肩でも揉んでやろうか?」

 

 

これは弟君、反撃に出るつもりですね(笑)

 

 

「マジで?気が利くじゃ~ん♪」

 

 

そうとも知らずに喜ぶお姉ちゃん。

 

 

「おっと手が滑った♪」

 

 


「ちょ ちょっとタク!?」

 

 

―――ぎゅむ…もみもみ

 

 

「せっかくだからこっちマッサージしてやるよ」

 

 

ダイキ君の前で お姉ちゃんの胸を揉み始める弟君。

 

 

ダイキ
「あー!タク兄 かーちゃんにエロいことしてる~」

 

 

ダイキ君、流石にわかるんですね(笑)

 

 

「違う違う これはマッサージだよ」

「オッパイマッサージ♪」

 

 

そう言い逃れる弟君。

 

 


「あ… ああ… これはエロいことじゃないから…んっ」

 

 

こんなことを二人して言っていると、ダイキ君、学校でやりかねないですね…(笑)

 

 

「ほーらこうやって やわらかくするようにモミモミすると…」

「なっ?」

「かーちゃんの疲れがとれるんだぞ」

 

 

「ちょっと!ダイキにへんなこと教えないで…」

 

 

ダイキ

「ほんとだ!かーちゃんきもちよさそ~なカオしてる~」

 

 

「し してないってば…!」

 

 

ホントに教育上悪いですね…(笑)

 

 

そしてさらに悪いことを思いついた弟君。

 

 

「じゃあダイキにも手伝ってもらおうかな」

「ほら あの鉄砲でかーちゃんのオッパイ撃ってあげなよ」

 

 

ダイキ

「え!いいの!」

 

 

二人の共同戦線でお姉ちゃんは責められてしまいます。

 

 

これに あえぎ声をあげてしまうお姉ちゃん。

 

 

ダイキ

「かーちゃん変な声!」

「なにこれおもしれ~~!」

 

 

「うまいうまい 次はほらここのぽっちを狙うんだぞ」

 

 

ダイキ

「おー!わかった!」

 

 

ダイキ君にお姉ちゃんの乳首を狙わせる弟君。

 

 

「ちょっとマジでタンマ!」

「ダメぇぇ…んん…っ!」

 

 

―――きゅん きゅん

 

 

あえなく絶頂に達してしまう姉ちゃん。

 

 

これに様子がおかしいと感じたダイキ君。

 

 

ダイキ

「……」

「か かーちゃん…ごめん…だいじょうぶ…?」

 

 

いい子ですね、ダイキ君。

 

 

「へーき… ちょっとくすぐったかっただけだから…」

 

 

「す すまん姉貴 俺も悪ふざけがすぎた…」

「まさかイクとは…」

 

 

「…アンタは絶対許さないから」

 

 

「うぅ」

 

 

「かーちゃん、ちょっと向こうでタクにお説教してくるね」

 

 

そういって弟君は連れ出されるのでした。

 

 

 

「無料立ち読み」はコチラ

↓   ↓   ↓

ガマンは、カラダに禁物♡

 

ハンディコミック【姉はヤンママ授乳中in実家[KATTS]】※スマホ専用

 

 

 

「だめ…」

「こんなところでなんて…」

 

 

「姉貴のほうから誘ったくせに…」

 

 

ダイキ君をプールに残し、室内に移動した二人。

 

 

すぐそこにはダイキ君がいますが、カーテンに隠れてエッチを始めてしまいます。

 

 

「だってぇ…あんな風に中途半端にイッちゃったら…」

 

 

「実の息子にイかされるとか…」

「とんだビッチだな姉貴は…!」

 

 

ダイキ

「かーちゃん タク兄まだー?」

 

 

「まってっ」

「もうちょっと…」

「もうちょっとでイクからぁ」

 

 

「姉貴…俺もう…!」

 

 

「うんっきてっ」

「中で良いから…」

「声でないように口ふさいでぇぇっ」

 

 

――――びゅっびゅーっ

 

 

言われた通り、唇で口を塞ぎ、そのまま中に射○する弟君。

 

 

「ん゛ッ」

「ん゛ッ」

「ンンッ」

 

 

お姉ちゃんも満足そうにイってしまいます。

 

 

「よかったのかよ…」

「…また中でなんて…」

 

 

「前に、危ない日にしちゃったんだから一度も二度もおんなじでしょ」

「それにもう…アタシのオマ○コ アンタのセ○シでイくのクセになっちゃってるし」

 

 

そして夏休み本番。

 

 

お姉ちゃんは以前よりも積極的に 弟君を誘ってくるようになりました。

 

 

「そんなに俺とS○Xしたいの?」

 

 

「うるっさいなぁ しょーがないじゃん…ッ」

 

 

こんな日々がずっと続くと思っていた矢先のことです。

 

 

―――ピンポーン♪

 

 

ダイキ

「とーちゃん!」

 

 

ダイスケ

「おおー元気だったか オマエら!」

「しばらくやっかいになりまーす」

「タクも盆休みの間ヨロシクな!」

 

 

旦那さんであるダイスケさんが合流してきたのです。

 

 

ダイスケ

「そろそろ三人目つくろっか?」

 

 

「バカまだ早いっつーの」

 

 

(おいおい…実家でイチャつきすぎだろぉ~!)

 

 

それだけならまだしも…

 

 

「―――あっ あんっ」

 

 

「隣の部屋から丸聞こえなんだよ…!」

「くっそぉ…」

 

 

お姉ちゃんは 旦那さんであるダイスケさんの女で あることを再確認する弟君。

 

 

そんなある日…。

 

 

ダイスケ

「んじゃ 行ってくっから」

 

 

「しっかりリフレッシュするのよ~」

 

 

子育てに疲れている姉貴を気遣った家族達が、一日中でかけることになりました。

 

 

「ふぅ…」

「お言葉に甘えて休ませてもらいますかぁ」

 

 

そこに現れる弟君。

 

 

「ん?タク?」

「どした?」

 

 

「あ 姉貴…」

「姉貴ッッ

 

 

―――ガタッ

 

 

「えっ?ちょっ…」

 

 

玄関で強引にお姉ちゃんを押し倒す弟君。

 

 

「あ アンタ…大学の課題するんじゃなかったの…?」

 

 

「そんなの口実に決まってんじゃん……!」

 

 

「姉はヤンママ授乳中in実家」10話の感想

 

 

お姉ちゃんやっぱりだいぶビッチというか、まさか息子の水鉄砲でイッちゃうとは…(笑)

 

 

あと、以前「ダイスケ来週から夏休みだから」という台詞がありましたが、ここで大輔さんが合流ということだと、多分ダイキ君の間違いだったんでしょうね。

 

 

読んでた時もあれ?って思いましたし、記事を書く時もこっちで直しちゃおうかと思ったのですが…(笑)

 

 

そして遂に次話「弟とマジの子作りしちゃってる」ヤンママ姉の3人目の子供の父親は… で完結。

 

 

3人目が出来ちゃうんですね…!でもダイスケさんともエッチしてるみたいなので どっちが父親か…?

 

 

 続きはコチラ 

 

 

 

「無料立ち読み」はコチラ

↓   ↓   ↓

ガマンは、カラダに禁物♡

 

ハンディコミック【姉はヤンママ授乳中in実家[KATTS]】※スマホ専用

-チンジャオ娘×エンガワ卓 作品, 姉はヤンママ授乳中in実家

Copyright© チンジャオ娘ネタバレ天国:エロ漫画全作品のあらすじを無料試し読み , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.