チンジャオ娘×達磨さん転んだ 作品 女子大生と教授(と僕)のありがちな

女子大生と教授(と僕)のありがちな 5話ネタバレ無料試し読み

投稿日:

 

 

『女子大生と教授(と僕)のありがちな』をネタバレします♡

 

 

 前回はコチラ 

 

 

 

「無料立ち読み」はコチラ

↓   ↓   ↓

ガマンは、カラダに禁物♡

 

【DMMコミック】同人:女子大生と教授(と僕)のありがちな SP/PC

 

 

第5話 あらすじネタバレ
「その夜彼女の全てが教授のものになった」

 

 

数日後、温泉に来ている教授と沙依ちゃん。

 

 

既に二人の関係は恋人同士の様になっていました。

 

 

教授

(まるで 匂い立つような色香だ…)

 

 

沙依

(先生 いつもより興奮しているみたい…おっきい)

 

 

―――ちゅぷ ちゅぷ ちゅぷ ちゅぷ!!

 

 

沙依「ふああああぁ!! ひんっ ひぅっ あんっ!1」

 

 

既に温泉で挿入し、腰を叩きつけ始める教授。

 

 

沙依ちゃんも期待していたのもあり、アソコは驚くほど すぐに教授のモノに馴染みます。

 

 

誰もいないこともあり、はしたない嬌声を上げる沙依ちゃん。

 

 

教授もそれに応えて、沙依ちゃんをもっと気持ちよくしようとしてくれます。

 

 

沙依ちゃんは絶頂に達しそうになりましたが、教授が動き止めて 焦らします。

 

 

そして胸を揉みはじめました。

 

 

教授

「最初よりだいぶ大きくなってきてないか?」

「たくさん揉まれているからかな」

 

 

沙依

「なんか先生、おじさんっぽいこと言いますね」

 

 

教授「生意気なことを…まぁいい」

 

 

―――パン パン ズコッ ズン!!

 

 

沙依ちゃんの言葉に苦笑し、お仕置きするように先程より激しく動き始める教授。

 

 

胸も揉まれて、沙依ちゃんの頭は真っ白になっていきました。

 

 

教授も限界らしく、ピストンが加速していきます。

 

 

教授

「そんなオジサンを」

「こんなに夢中にさせる…っ」

「君は 魔性の女 だなっ!」

 

 

沙依

「ああああっ ひぅぅ…ごめんなさい 先生ぇ」

 

 

沙依

(だめっ…これすぐにイっちゃうぅ!)

 

 

そして、最奥に自分のモノをズンと叩き付ける教授。

 

 

沙依ちゃんは、お風呂のふちに押しつけられた身体を手で必死に抑えます。

 

 

教授

「くっ いくぞ…っ!」

 

 

―――どぷっどぷっ!!

 

 

精が 沙依ちゃんの中で炸裂しました。

 

 

それと同時に、沙依ちゃんも達します。

 

 

二人の液が、お湯に混じっていきます。

 

 

快楽に震えてその場に沈み込みそうになる沙依ちゃんを 教授は支えてくれます。

 

 

教授のモノが引き抜かれると さらに塊のような精○が零れ落ちました。

 

 

沙依

「あっ… 先生のが垂れちゃう」

 

 

教授

「大丈夫…今日から2泊3日たくさん注いであげるからね」

 

 

沙依

(先生と3日…)

 

 

二人が温泉に来たのは、ひとつの目的がありました。

 

 

それは 二人の子供を作る ことでした。

 

 

えっ…ええ…!?

 

 

色々と飛ばしてますね…ああ…B君…。

 

 

ある時、教授は沙依ちゃんに身の上話を告白してくれました。

 

 

教授の妻が浮気をしていて、子供は彼のものではないこと。

 

 

その反動から、何人もの女子生徒に手を出したこと。

 

 

沙依ちゃんはそれを聞いて同情しました。

 

 

かつて獣だと思った男を一人の可哀想な小さな人間に見えた沙依ちゃん。

 

 

『彼の子供を産んであげたい』

…と感じるようになっていました。

 

 

その夜、旅館のお座敷でだらしなく 浴衣をはだけて教授に向けて脚を広げる沙依ちゃん。

 

 

教授はその姿に昂っていましたが、どこか物怖じしている感じがしました。

 

 

教授

「…本当にいいのかい?」

 

 

沙依

「はい」

「先生の赤ちゃんを妊娠させてください…」

 

 

 

「無料立ち読み」はコチラ

↓   ↓   ↓

ガマンは、カラダに禁物♡

 

【DMMコミック】同人:女子大生と教授(と僕)のありがちな SP/PC

 

 

 

教授

「…沙依君っ」

 

 

沙依

「ひぁん 先生の入ってきたぁ」

 

 

教授は、大胆な沙依ちゃんの言葉に耐えきれず のしかかってきました。

 

 

沙依ちゃんの小さい身体を、完全に覆い隠してしまします。

 

 

そして沙依ちゃんを深く貫く教授。

 

 

すでに蜜でいっぱいだった沙依ちゃんのアソコから、愛液が押し出されてごぽりと溢れ出ます。

 

 

教授はそんな沙依ちゃんに応えようと、腰を動かし始めました。

 

 

その時、沙依ちゃんの携帯のバイブレーションが響きます。

 

 

相手はB君でした。

 

 

教授は、一瞬動きを止めて沙依ちゃんを見ました。

 

 

沙依ちゃんが携帯を手に取り通話ボタンを押しながら 微笑むと、再び腰を激しく叩き付け始めました。

 

 

B君

「沙依 いま 大丈夫?…なんか 急に声が聞きたくなってさ」

 

 

ああ…虫の知らせというか最悪のタイミングですね…B君…。

 

 

沙依ちゃんの下半身は、いやらしい水音をこれ以上ないぐらい立て 携帯がそれを拾っています。

 

 

B君は、それがなんなのか気づいていません。

 

 

完全に沙依ちゃんを信じていたら わかりませんよね…。

 

 

沙依

「んっ B君いいよ…ひぅ 私も――いっ…話したかったから」

 

 

沙依ちゃんもよく言いますね…。

 

 

―――ぱんぱんぱんぱん!!

 

 

さらに激しく腰を打ち付ける教授。

 

 

B君

「…沙依?」

 

 

沙依

「ひんっ この音聞こえる?ふぁぁっ」

先生の大きいのが私の子宮を叩いてるの すっごい気持ちいいの…あぁっ」

 

 

遂に言っちゃいましたね…沙依ちゃん…。

 

 

B君が絶句しているのが 電話越しにもわかります。

 

 

電話は無情にも二人の情事を B君に伝えます。

 

 

初めて聞く沙依ちゃんの嬌声にB君は戸惑っているようでした。

 

 

B君

「…嘘だろ やっぱりあの教授と…っ なんで――」

 

 

携帯を持つことができなくなり 放り投げてしまう沙依ちゃん。

 

 

教授がこっちに集中しろと言わんばかりに、秘部の奥を掘削機のように突いてきたのです。

 

 

快楽が B君のことを頭から追い出します。

 

 

沙依

「先生っ せんせいっ あっ 先生」

 

 

教授

「沙依君っ!沙依君っ!!」

 

 

沙依

「ふあ あああ~~~~」

 

 

―――どぴゅ!! どぴゅどぴゅ とくんとくん!!

 

 

二人は達しました。

 

 

子宮に精○がポンプのように 注がれているのがわかりました。

 

 

沙依

「あぁ…ワタシのなかにいっぱい」

 

 

教授

「気持ちよかったかい?」

 

 

沙依

「はひ もっとぉぉ もっとぉ」

 

 

あの夜、電話はずっと繋がり続けていました。

 

 

結局 夜が明けるまで起きていたB君。

 

 

そして、早朝になると大学に行って B君と沙依ちゃんが座っていたお気に入りの場所に 一人で座りました。

 

 

あの日以降、彼女を大学では見なくなりました。

 

 

二人の関係は有名だったらしく、教授は大学を辞め、沙依ちゃんも退学したというのを知ったのはしばらくあとでした。

 

 

これは、そんな女子大生と教授と傍観者に過ぎなかった僕の ありがちな話だ。

 

 

  ~FIN~  

 

 

「女子大生と教授(と僕)のありがちな 」5話の感想

 

 

沙依ちゃんが色々な面で 教授側に堕ちちゃった感じですね…。

 

 

沙依ちゃん、最初の頃は本当に可愛らしい良い子だったのにな…。

 

 

教授とさえ出会わなければ…。

 

 

B君はこれからどうするんでしょうね…。

 

 

全体的にはまさに寝取られモノでした。

 

 

他の絵に描いた様な、酷い人間に寝取られるというより、リアリティのある酷い男に取られるという感じですね。

 

 

独特な画風と合わせ、B君の心情的な陰鬱とした感じがよく出ていたと思います。

 

 

寝取られものが好きな方にはとてもいい作品、もしかしたら名作と思うレベルかと思います。

 

 

ただ、私個人としてはもうちょっとライトな寝取られものの方が好きですかね(笑)

 

 

リアリティのある寝取られモノが好きな方にはオススメです!

 

 

↓沙依ちゃんと教授の関係を、”傍観”してみる…!!↓

 

「無料立ち読み」はコチラ

↓   ↓   ↓

ガマンは、カラダに禁物♡

 

【DMMコミック】同人:女子大生と教授(と僕)のありがちな SP/PC

 

-チンジャオ娘×達磨さん転んだ 作品, 女子大生と教授(と僕)のありがちな

Copyright© チンジャオ娘ネタバレ天国:エロ漫画全作品のあらすじ , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.