ウチの弟マジでデカイんだけど見にこない?

ウチの弟マジでデカイんだけど見にこない? 4話ネタバレ&無料試し読み

更新日:

 

 

『ウチの弟マジでデカイんだけど見にこない?』をネタバレします♡

 

 

 前回はコチラ 

 

 

 

「無料立ち読み」はコチラ

↓   ↓   ↓

ガマンは、カラダに禁物♡

 

BookLiveコミック【AC】ウチの弟マジでデカイんだけど見にこない?※スマホ専用

 

 

 

第4話 あらすじネタバレ

 

「ふぅ…やっと開放された…」

 

 

時刻はもう夜。

 

 

あの衝撃的な出来事のあと、お姉ちゃん達は普通のお泊り会っぽいことを始めました。

 

 

その間もおっぱいを押し付けたり、股間を触ろうとしたり、弟君への逆セクハラ三昧は続き、さらには生々しい下事情のガールズトークまで聞かされ、”童貞”の弟君には刺激が強すぎてお風呂へと逃げてきたのでした。

 

 

「あ…僕もう童貞じゃないんだっけ…」

 

 

先ほど脱童貞したことを思い出し、本物のオマ●コの感触を思い出しているとふと後ろから声をかけられます。

 

 

???

「あの…なおくん」

「お風呂…わ…わたしも一緒にいいかな?」

 

 

「えっ!?」

「ゆ…雪子さん…!?」

 

 

お風呂に逃げてきた弟君を追うように入って来たのが雪子ちゃん。

 

 

雪子

「なんか汗かいちゃって…」

「千秋ちゃんたちはまだドラマ観てるけど」

「先にお風呂入らせてもらおうかな~って」

 

 

そして、その姿はバスタオル一枚。

 

 

雪子

(ふたりには「彼氏から電話きた」って嘘ついて抜け出してきちゃった…)

 

 

どうやら二人には内緒の模様…!

 

 

雪子

「邪魔…だったかな?」

 

 

「いえっ…そ そんなことは…っ」

 

 

そして、2人は軽く談笑を始めます。

 

 

今日のことを謝罪する雪子ちゃんに対して、弟君はマトモそうだと安堵しますが…?

 

 

雪子

「お詫びに…」

「わたしが背中流してあげるね」

 

と言いだす雪子ちゃん。

 

 

―――むにゅん

 

 

驚く弟君に構わず、そのまま胸を押し付ける様にしながら背中を洗い始めます。

 

 

(あたってる…あたっちゃってるっ)

(すごく柔らかいのが!!タオル一枚越しで…っ)

 

 

勿論弟君はドキドキしてしまって大変です…(笑)

 

 

「あ あの…せ 背中にぃ…」

 

 

雪子

「ふふ なおくん肌キレイだね」

「肩も細くて女の子みたいで可愛い」

 

 

そして雪子ちゃんの手が前に回ります。

 

 

―――にゅる…

 

 

雪子

「でも天こっちはとっても男らしいんだね」

 

 

「ひぅ!?あっご ごめんなさい…」

 

 

雪子

「ふふ いいんだよ 男の子だもん」

「せっかくだからここも洗ってあげるね」

(すごい…もうこんなに硬くて…おっきくなってる)

 

 

「ええ!?いっ…いいですよ そこは…っ」

 

 

雪子

「ダメだよ ちゃんと清潔にしないと」

 

 

「うう…」

 

 

雪子

「ほら ここのでっぱったとこの裏とか…すごく汚れが溜まりそう」

(さっきあんなに出したばかりなのにもうこんな…)

 

 

「くっ…ぁ…」

「ダッ…ダメです そこはビンカンなんですっ」

 

 

雪子

「あっご…ゴメンね…」

(可愛い反応 今度マーくんにもやってあげよ♪)

(あっ でもマーくんのは皮かぶってるからムリかなぁ)

 

 

雪子ちゃんの手で感じ続ける弟君。

 

 

雪子ちゃんは雪子ちゃんで握っているおちんちんのサイズに改めて驚愕します。

 

 

雪子

(渚ちゃんこれを全部挿れちゃってたんだよね)

(こんなのが奥まで入ってきたら…)

(どんな感じがするんだろう…)

(わたしも…)

(触ってるだけなのに身体が熱くなってきちゃった)

 

 

プクと乳首が勃ってきてしまう雪子ちゃん。

 

 

「ゆっ…雪子さん!?」

「あ あの…タオルがズレておっぱいが直接…」

(コリコリしたのが背中をくすぐって…コレ 乳首だよね!?)

 

 

 

「無料立ち読み」はコチラ

↓   ↓   ↓

ガマンは、カラダに禁物♡

 

BookLiveコミック【AC】ウチの弟マジでデカイんだけど見にこない?※スマホ専用

 

 

もうガマンの限界に達した弟君…ではなく、雪子ちゃん。

 

 

遂に誘い出してしまいます。

 

 

雪子

「ねぇ…なおくん まだまだ元気だよね?」

「お願いがあるんだけど…」

「コレ…」

「わたしにも挿れてみてくれないかな?」

 

 

「!?」

 

 

動揺する弟君に対して寝そべった雪子ちゃんは事情を説明し始めます。

 

 

雪子

「実はわたしね…彼氏とのエッチ イけたことがなくて」

「たぶん彼はサイズが…」

「その…足りないみたいで」

「一度イったらコツが掴めるらしいから」

「なおくんのおチ●チンでイかせてもらえれば」

「彼氏とのエッチでもイけるようになると思うの」

 

 

そう説明し終わると雪子ちゃんは足を開き、弟君を誘惑します。

 

 

雪子

「だから…ダメ…かな?」

 

 

ですが、同時にカアァァと赤面してしまう雪子ちゃん。

 

 

(信じられない…)

(こんな清楚そうな人がいきなりお風呂に来てチ●コいじくりまわして…)

(しかも…下品に股を開いて誘惑してくるなんて!!)

(女の人って実はみんなビッチなの?そ それとももしかして…)

 

 

―――スプンッ

 

 

(このチ●コのせいなのか?)

 

 

雪子

「あっ…!?ぁ…あああん!!!」

 

 

弟君は雪子ちゃんに挿入するのでした。

 

 

~つづく!~

 

 

「ウチの弟マジでデカイんだけど見にこない?」4話感想

 

 

雪子ちゃん回突入ですね…!

 

 

渚ちゃんも雪子ちゃんも千秋お姉ちゃんの友達という設定ですが、印象的にはそれぞれ別の属性のお姉さんといった印象です。

 

 

そして今回は優しい清楚系お姉ちゃんの雪子ちゃん回と。
ここまではムッツリ清楚のイメージが強かった雪子ちゃんでしたが、改めて

 

 

一対一になると優しいお姉ちゃん感がすごいです。

 

 

そのお姉ちゃんとこれから…!というところで今話は終了。
次話でその雪子お姉ちゃんがどんなエッチなイキ方をするのか楽しみです!

 

 

 続きはコチラ 

 

 

 

「無料立ち読み」はコチラ

↓   ↓   ↓

ガマンは、カラダに禁物♡

 

BookLiveコミック【AC】ウチの弟マジでデカイんだけど見にこない?※スマホ専用

 

 

-ウチの弟マジでデカイんだけど見にこない?

Copyright© チンジャオ娘ネタバレ天国:エロ漫画全作品のあらすじ , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.