いじめっこ女子と無人島に漂流したら

いじめっこ女子と無人島に漂流したら 6話ネタバレ&無料試し読み

更新日:

 

 

『いじめっこ女子と無人島に漂流したら』をネタバレします♡

 

 

 前回はコチラ 

 

 

 

「無料立ち読み」はコチラ

↓   ↓   ↓

ガマンは、カラダに禁物♡

 

ハンディコミック【いじめっこ女子と無人島に漂流したら】LP1※スマホ専用

 

 

 

第6話 あらすじネタバレ
「日焼けしたJ○と全裸で本能のままヤりまくりの日々」

 

 

最近の未海ちゃんは、最初に比べてかなりおとなしくなりました。

 

 

以前まであった イヤイヤやってる感が今はなく、むしろ積極的に熊谷先生にま○こを貸しています。

 

 

恥ずかし半分で ち○こに自分のま○こを差し込む姿がかわいく、また未海ちゃんの生白かった肌は この南の島の強い日差しですっかり小麦色に焼けています。

 

 

熊谷

「いつの間にか お前のま○こ」

「すっかり拡がっちまったな」

 

 

未海

「…当然じゃん」

「毎日やってんだから」

 

 

 

日焼けした未海ちゃん。

 

 

むしろ前の白かった頃より 性格にマッチしてる感があって、私はこっちの方が好きですね。

 

 

熊谷

「今日はチ○コを貸してやるから 好きにセッ○スしろよ」

「お前の性欲に付き合ってやるから」

 

 

相変わらず、こんなことを言っている熊谷先生。

 

 

未海

「…いつまでこの首輪付けてるつもりなのよ」

 

 

熊谷

「主従関係を はっきり分からせるためだ」

「勝手に どっかに行ったりしないようにな」

 

 

まだ、未海ちゃんの心の内を知らない先生ですね。

 

 

未海

「……」

「行ったりしないもん…」

「どこにも…勝手に…」

「先生から離れたり…」

 

 

すっかりしおらしく、可愛らしくなっちゃいましたね。

 

 

熊谷

「それならいいんだけどよ」

 

 

熊谷先生は、どうやらわかっていない様子です(笑)

 

 

―――ずっ ずっ ずっ

 

 

言われた通りに、自分で好きにち○こを使い始める未海ちゃん。

 

 

未海

「気持ちいい…気持ちいいよ 先生の…っ」

「先生の…太くて…長くて…」

「私の中にいっぱい入ってくるの…」

 

 

騎乗位で、大きな胸を揺らしながら 腰を振る未海ちゃん。

 

 

未海

「先生ので いっぱいおま○こ擦りたいよお…っ!!」

 

 

最初、あんなに憎たらしかった未海ちゃん。

 

 

こうなっちゃうと、もう可愛らしいですね。

 

 

 

「無料立ち読み」はコチラ

↓   ↓   ↓

ガマンは、カラダに禁物♡

 

ハンディコミック【いじめっこ女子と無人島に漂流したら】LP1※スマホ専用

 

 

 

未海

「先生の…っ すごく気持ちいいよぉおおっ」

 

 

熊谷

「おおおおおおおっ…!」

 

 

―――びゅくっ びゅくっ

 

 

未海

「あああっ!!」

 

 

熊谷

「おおおおお…っ!」

 

 

未海ちゃんにされるがままに、射○する熊谷先生。

 

 

未海

「はあっ…はあっ…」

「今日は早かったね」

「先生まで一緒にイっちゃうなんて…」

 

 

熊谷

「最初からそんなに全力で来るなんて…」

 

 

未海

「だって」

「気持ちいいんだもん。先生の…」

「次も全力なんだから…」

 

 

そして、木に押し付けられて立ちバック状態にされる未海ちゃん。

 

 

熊谷

「そんなにセッ○スしたいのかよ!」

「妊娠させてやるよ」

「お前の中で…っ精○出しまくってな…!」

 

 

未海

「だって私…っ動物だもんっ!」

「性欲強いんだもんっ…!」

「先生と離れたくないんだもんっ」

「先生といっぱいえっちしたいんだもんっ…!」

 

 

―――びゅく びゅくっ びく…

 

 

未海ちゃんのその言葉と共に、中に精○を出しまくる先生。

 

 

未海

「あはああっ…!」

 

 

熊谷

「休憩だ…!休憩…」

「今日もう10発も出して…ふう…ふうっ…」

 

 

未海

「早くぅっ…早くしてよぉっ」

 

 

休憩に離れる先生に、お尻を振りながらおねだりする未海ちゃん。

 

 

未海

「どうしようもないの」

「お腹が…赤ちゃん作るところがむずむずして…っ」

 

 

未海

「先生に私の赤ちゃん作るところに」

「おち○ちん入れてほしいのっ!」

 

 

このおねだりを、断る先生ではありません。

 

 

熊谷

「しょうがないな、お前はっ…!」

 

 

―――ばちゅっ ばちゅっ ばちゅっ

 

 

もはや、完全にセッ○ス大好きな動物であることを受け入れた未海ちゃんと、動物の様に交わります。

 

 

未海

「先生の…っ」

「私の穴でいっぱい擦れて…」

「気持ちいいよぉっ」

 

 

―――どぴゅっ どぴゅっ

 

 

熊谷

「ぬおおおおっ…!」

 

 

未海

「あああっ…!ああああああああぁつ…!」

 

 

射○してる熊谷先生のモノを、さらに締め付けて搾り取ります。

 

 

未海

「あっ…先生のセー○キ…」

「赤ちゃん作るところに…」

「入ってきてるぅ…」

 

 

しかし、未海ちゃんはこれでもまだ満足しないのでした。

 

 

未海

「もっかい…」

「先生もう一回…」

 

 

「いじめっこ女子と無人島に漂流したら 」6話の感想

 

 

日焼けでビジュアル的に、気持ちを自覚して内面的に 非常に可愛くなりましたね。

 

 

そして、自分の性欲に素直になって、ある意味での攻守逆転というか…。

 

 

これ熊谷先生、体力持つんでしょうかね…!?

 

 

次話は「2匹の動物がつがいになって本気のラブラブ子作り交尾」

 

 

これは、大丈夫そうですね…(笑)

 

 

 続きはコチラ 

 

 

 

「無料立ち読み」はコチラ

↓   ↓   ↓

ガマンは、カラダに禁物♡

 

ハンディコミック【いじめっこ女子と無人島に漂流したら】LP1※スマホ専用

 

エロ漫画やアニメをネタにして

”月収50万円”以上稼ぐ手法を無料公開中!

   

今だけ3万円相当のプレゼント進呈!

   

-いじめっこ女子と無人島に漂流したら

Copyright© チンジャオ娘ネタバレ天国:エロ漫画全作品のあらすじ , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.