チンジャオ娘×達磨さん転んだ 作品 飼育小屋少女

飼育小屋少女 5話ネタバレ&無料試し読み

更新日:

 

 

『飼育小屋少女』をネタバレします♡

 

 

 前回はコチラ 

 

 

 

「無料立ち読み」はコチラ

↓   ↓   ↓

ガマンは、カラダに禁物♡

 

【飼育小屋少女】LP1※スマホ専用

 

 

 

第5話(最終話)あらすじネタバレ
「少女と男の幸せな結末」

 

 

ミミちゃんと主人公が関係をもつようになっても、彼女が飼育小屋唯一のメスであることは変わりません。

 

 

その日の放課後もミミちゃんは オスたちの交尾相手をさせられています。

 

 

生徒A

「またやってるよー」

 

 

生徒B

「うわーきもちわりー」

 

 

主人公

「ああ…そうだね」

 

 

主人公は、金網越しにその様子を見ているしかありません。

 

 

その日のオスたちは特に興奮しているようで、ミミちゃんを長時間にわたり激しく犯しています。

 

 

女性教師

「今日はまだ交尾が終わらないんですね これじゃあ掃除ができないわ…」

 

 

生徒A

「あはは ポチまたウ●チの穴にいれてるよー」

 

 

…無邪気といえば無邪気ですがなんでしょう、なんかちょっとした狂気を感じる生徒のやりとりですね…。

 

 

私が子供の頃、飼育小屋の動物の交尾にこんな反応をしていた 子供いたでしょうか…?

 

 

というより、交尾を見た記憶が…(笑)

 

 

このところ、オスたちはミミちゃんのア●ルに挿入しています。

 

 

主人公との行為で開発されたためか、彼女は恍惚とした表情で受け入れています。

 

 

むしろ そちらに入れさせるようミミちゃんが誘導しているようにさえ見えます。

 

 

かつては一方的に●されるだけのミミちゃんですが、今ではオスたちとの行為を愉しんでいる様子。

 

 

ミミちゃんは舌を使って奉仕をはじめます。

 

 

それは主人公の教えこんだ性技でした。

 

 

生徒B

「ミミたち仲良しになったね もうすぐ赤ちゃんできるかな?」

 

 

生徒A

「ばーか ウ●チの穴じゃニンシンできないんだよ ね 先生?」

 

 

女性教師

「そうね どこでこんなこと覚えちゃったのかしら」

 

 

生徒と同僚の女教師の会話が、耳を通り抜けていきます。

 

 

ただ、ミミちゃんとオスたちの行為を凝視しつづける主人公。

 

 

その時、ミミちゃんがこちらに視線を向け、目と目があいました。

 

 

そのままオスへの奉仕を続けるミミちゃん。

 

 

”上手くできているでしょ”と言いたげです。

 

 

主人公

(俺に見せつけているのか…!?)

 

 

ミミちゃんの視線の意図に戸惑いながら、主人公のモノは痛いほど膨張します。

 

 

主人公とミミちゃんの視線に気づいたのか、ア●ルに剛直を埋めていたオスが”自分を忘れるな”とばかりに腰を動かします。

 

 

ミミちゃんは咥えながら、ぐもった悲鳴を上げました。

 

 

それでも悦楽を感じているのか、表情はより緩み切ったものになっていきます。

 

 

生徒C

「ミミもきもちよさそうな顔してる かわい~」

 

 

―――ドビュルル ドピュッドピュ!!

 

 

射●するオス達。

 

 

ア●ルからは入りきらなかった精○がマグマのようにあふれ、顔にも大量の白濁液が浴びせられます。

 

 

生徒C

「わぁすごい 白いのがたくさんでた!」

 

 

生徒B

「あれ赤ちゃんの元でしょ? これならすぐニンシンできるよね せんせー?」

 

 

主人公

「…あ ああ」

 

 

生徒の言葉に曖昧に答える主人公を、ミミちゃんが微笑みを浮かべ再び見つめてきます。

 

 

主人公と目を合わせながら オスの精○を舐め取り味わいます。

 

 

主人公

(くそっ こんなの耐えられるか!)

 

 

このままでは オス共にミミちゃんが孕まされてしまうと思うと、嫉妬で気が狂いそうになる主人公。

 

 

それでも彼女の卑猥な表情から、目を逸らすことができないのでした。

 

 

 

「無料立ち読み」はコチラ

↓   ↓   ↓

ガマンは、カラダに禁物♡

 

【飼育小屋少女】LP1※スマホ専用

 

 

その夜、主人公の脚は勝手に飼育小屋へと向かいます。

 

 

交尾で疲れきっているオスたち。

 

 

基本的にオスも人間に従順で、起きたところで危害は加えません。

 

 

意を決して小屋へと足を踏み入れます。

 

 

ミミちゃんは 主人公を待っていたらしく起きていました。

 

 

ミミちゃんの歓迎とは裏腹に、日中の行為で裏切られたような気分でいた主人公は、彼女を乱暴に抱き上げいきなり挿入しました。

 

 

既にミミちゃんのメス穴は濡れていて、快楽の鳴き声と共に主人公のモノを受け入れます。

 

 

主人公

「小さいなりですっかり発情期になって…」

「この●乱なメスめ!」

「思い知らせてやるからな!お前が誰のメスかを…!」

 

 

オス共には出来ない責め方をしながら、いきなり力に任せてピストンをする主人公。

 

 

ミミちゃんは乱暴さに驚き逃れようとしますが、すぐに胎内で暴れる男性器に屈服します。

 

 

金網にしがみつき、主人公のされるがままになるミミちゃん。

 

 

主人公

「そうだそれでいい 俺だけのメスにしてやる…俺が孕ませてやる!」

 

 

…このミミちゃん、人間の種で孕むのでしょうか…?

 

 

小動物のようなミミちゃんの嬌声が あたりに響きます。

 

 

ウサギなどの小動物は、交尾することで排卵し妊娠することを思い出した主人公。

 

 

ミミちゃんの排卵を促すように徹底的に子宮を攻め続けます。

 

 

何度も達し、許しを乞うように鳴き声を上げるミミちゃん。

 

 

子宮口もすっかり緩み、膣内すべてが使い込まれたオ●ホのようです。

 

 

主人公

(ここまでヤれば確実に受精の準備が出来ただろ…!)

 

 

―――ドピュ ドピュ!!

 

 

中で爆発したように射●する主人公。

 

 

子宮に注がれる精●に、ミミちゃんも再び同時に達しました。

 

 

声にならない声を上げ、口をパクパクと喘がせます。

 

 

主人公

「まだだ…しっかり受精して着床するまで離さないからな」

 

 

オスたちはさすがに目を覚ましているようですが、大人しく二人の交尾を見守っています。

 

 

…ケダモノと称されてきたオスですが、本当に大人しい子たちですね。

 

 

『彼らもようやくミミちゃんが俺のメスであると認めたのだろう』

・・・と思う主人公。

 

 

その時、突然強い明かりに照らされました。

 

 

女性教師

「最近、”不審者が忍び込んできている” って通報があったけど…」

 

 

眩しさに目を開けられない主人公ですが、声で同僚の女教師だと気づきます。

 

 

主人公

「こっこれは ちがっ――」

 

 

混乱しながら 言い訳しようと声を上げる主人公。

 

 

女性教師

”野生のオス”が勝手に入ってきただけだったのね」

 

 

主人公

(……え?)

 

 

女性教師

「まぁいいわ。一匹加わるぐらい メスとも仲が良いみたいだし」

「明日、町の役場に 届けを出しておきましょう」

 

 

そういって女教師は、飼育小屋に鍵をかけて行ってしまいました。

 

 

・・・ほどなくして学校を明るいニュースが賑わせます。

 

 

飼育小屋で飼われているメスが 妊娠したのだ。

 

 

一人の男性教師がいなくなったことは、どういうわけか誰にも騒がれていません。

 

 

主人公はこの小屋の一員になりました。

 

 

皆が世話してくれて、数週間もすると 他のオスたちとほとんど見分けがつかない容貌になっていました。

 

 

主人公

(でも俺は幸せだ。)

(ミミとずっと一緒にいられる。)

(その腹にいるのはきっと俺の仔だろう。)

 

 

主人公は、最愛のミミの膝枕の上に 幸せそうに横たわっています。

 

 

主人公

(人間と彼女たちとの違いなんて金網の向こうとこちら)

(どちらにいるかでしかなのだから)

 

 

~完~

 

 

「飼育小屋少女」5話の感想

 

 

結果、主人公も 飼育小屋で飼われることになりましたが、さまざまな謎が残されています。

 

 

色々と考察が捗る作品ですね…!

 

 

エッチな部分ではライト獣カンもの(人間のようですが)、ちょっとしたNTRものとか色々属性は持っていると思いますが、結果全体として考察の部分が面白い作品だったように思えます。

 

 

普通にミステリーなお話として面白いので、そういうのに興味がある方にはオススメです!

 

 

あとロリコンさんにも!

 

 

↓ミミが待つ 飼育小屋にイク!↓

 

「無料立ち読み」はコチラ

↓   ↓   ↓

ガマンは、カラダに禁物♡

 

【飼育小屋少女】LP1※スマホ専用

 

エロ漫画やアニメをネタにして

”月収50万円”以上稼ぐ手法を無料公開中!

   

今だけ3万円相当のプレゼント進呈!

   

-チンジャオ娘×達磨さん転んだ 作品, 飼育小屋少女

Copyright© チンジャオ娘ネタバレ天国:エロ漫画全作品のあらすじ , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.