チンジャオ娘×達磨さん転んだ 作品 飼育小屋少女

飼育小屋少女 4話ネタバレ&無料試し読み

更新日:

 

 

『飼育小屋少女』をネタバレします♡

 

 

 前回はコチラ 

 

 

 

「無料立ち読み」はコチラ

↓   ↓   ↓

ガマンは、カラダに禁物♡

 

【飼育小屋少女】LP1※スマホ専用

 

 

 

第4話あらすじネタバレ
「人間との「セッ○ス」を覚えた少女は自ら男を誘って」

 

 

ぐったりしているミミちゃんを 挿入したまま抱き上げる主人公。

 

 

乱暴をされてきたせいか、次は何をされるのかと怯えている様子のミミちゃんです。

 

 

そんな彼女の緊張をほぐすように、主人公は優しく腰を動かしはじめました。

 

 

主人公

(オス共にはこういう「セッ●ス」はされたことないはずだ)

 

 

ミミちゃんのこわばった子宮口を●頭が撫でるたび 可愛らしい鳴き声が漏れます。

 

 

気持ちよくなってくれていると判断した主人公、蕾のようなア●ルに指をのばし そのままゆっくりうずめます。

 

 

直腸越しに自分のモノへ触れるように指先を動かす主人公。

 

 

主人公

「こうすると膣が両側から刺激されて気持ちいいだろう?」

「ふふ…気に入ってくれたみたいだね」

 

 

―――ちゅぷ ちゅる

 

 

喘ぐミミちゃんの口がだらしなく開き、中で小さな舌がチロチロと誘惑してきます。

 

 

主人公は思わず 唇と重ね舌をねじこみました。

 

 

小さな舌を貪るように絡めとる。

 

 

ミミの唾液に動物の生臭さはなく、少女特有の甘い香りが主人公の口に広がります。

 

 

ミミちゃんは抵抗すらできず、口内を蹂躙されるに任せます。

 

 

主人公

「よほどキスが気に入ったみたいだな」

 

 

ミミ

「あ~あ~」

 

 

唇を放して見下ろすと、蕩けたような表情のミミちゃんがいました。

 

 

同意するように喘ぐミミちゃん。

 

 

そろそろイカせてあげないとと、再び腰を動かし始める主人公。

 

 

激しく、でも乱暴にではなく、彼女の快楽を掘り出すように内側をえぐる。

 

 

ミミちゃんも 自らの快楽を欲して懸命に腰をふります。

 

 

二人は絶頂が近づいてきました。

 

 

―――ドピュ ドピュ ドピュ!!

 

 

思わず唇を再び重ね、ミミちゃんと主人公は絶頂に達しました。

 

 

精が再び彼女の内に注がれ、収まりきらずに溢れ出ます・・・!!

 

 

 

「無料立ち読み」はコチラ

↓   ↓   ↓

ガマンは、カラダに禁物♡

 

【飼育小屋少女】LP1※スマホ専用

 

 

 

快楽で力の入らなくなった身体で、それでもミミちゃんは主人公から離れようとしません。

 

 

主人公

「…もっとしてほしいのかい?」

 

 

目に怯えがなくなったミミちゃんは、雌声で媚びてきます。

 

 

そんなミミちゃんを さらに愛する主人公なのでした。

 

 

あの夜以降、機会を見つけては 夜の飼育小屋に忍び込み ミミとの行為にふけるようになっていました。

 

 

彼女もすっかり主人公との「セッ●ス」が気に入ったようです。

 

 

ある日 生徒がオスたちを散歩に連れ出した昼休み、小屋に残ったミミちゃんは発情した顔で主人公のほうへ寄ってきます。

 

 

主人公

「おいおい、まだこんな時間じゃないか」

「今夜もまた会いにくるから…」

 

 

しかし、ミミちゃんにはそんな「人間の事情」などわかりません。

 

 

フェンスの穴が開いたところへ、おねだりするようにお尻を押し付けてきます。

 

 

主人公

「こ こら! こんなところもし誰かに見られたら…」

 

 

…行為はアレですが、動物の懐いてるのって可愛いですよね。

 

 

ミミちゃんの柔らかい尻肉へ金網が食い込み、メス穴は期待から既に濡れて赤々と充血しています。

 

 

その姿に生唾を飲み込み、あたりを見回す主人公。

 

 

主人公

「生徒たちが戻ってくるまでにはまだ少し掛かるはず…」

「少しだけ…少しだけだぞ…!」

 

 

主人公は誘惑に負け、慌ただしくズボンを下ろし、その穴に挿入しました。

 

 

ミミちゃんは 歓喜の鳴き声を上げます。

 

 

突き上げられたお尻が金網から浮き、ミミちゃんは金網の手に力を入れて押し返してきます。

 

 

膣内でキスが交わされるたび、ミミちゃんが小刻みに喘ぎ、彼女は主人公から離れまいと小さな手で必死に金網を掴みます。

 

 

主人公

「そんなに人間のペ●スが気に入ったのかい?いやらしいメスだ…!」

 

 

主人公の言葉がわかっているのかいないのか、ミミちゃんは挑発するようにキュゥと膣を締め付けています。

 

 

貪るように腰を動かし、金網に固定された ミミちゃんはまるでオナホの様。

 

 

奥を突くたび、仔犬のような嬌声があたりに響きます。

 

 

主人公

(もし誰かに知られたら…俺は終わりだ。)

(彼らの目に、俺は気がおかしくなった獣●野郎としか映らないだろう。)

 

 

…まあ実際そうですよね…。私からはミミちゃんは可愛い女の子にしか見えませんが、ここでは完全に動物扱いですし…。

 

 

主人公

「っ…中で出すぞ!」

 

 

ミミ

「きゃうあああ」

 

 

――ドピュ ドピュ!!

 

 

スリルが快楽を高めたのか、すぐに限界が来てしまいました。

 

 

ミミちゃんも射●の気配を察して 更に膣を引き締めてくれます。

 

 

…ミミちゃん、賢い子ですね。

 

 

二人同時に達し、ミミちゃんは絶頂の悲鳴をあげて全身を震わせます。

 

 

校庭で遊ぶ生徒たちの声が聞こえます。

 

 

あたりを見回すが誰も来ていないようです。

 

 

主人公

「じゃ 今夜もね」

 

 

名残惜しさを感じながらも、その場を立ち去る主人公でした。

 

 

「飼育小屋少女」4話の感想

 

 

ドンドン主人公が深みにハマっていっちゃってますねぇ…。

 

 

本人も気づいていますが、バレたらもう社会的に死んじゃいますよね…!!

 

 

動物は私も可愛いとは思いますが、性的な対象としては…うーん…。

 

 

いや、ミミちゃんどう見ても普通の可愛い女の子なんですけどね?(笑)

 

 

次話は「少女と男の幸せな結末」

 

 

今の生活、ミミちゃん幸せじゃないでしょうし、2人が幸せならいいと思います。ハイ。

 

 

 続きはコチラ 

 

 

 

「無料立ち読み」はコチラ

↓   ↓   ↓

ガマンは、カラダに禁物♡

 

【飼育小屋少女】LP1※スマホ専用

 

-チンジャオ娘×達磨さん転んだ 作品, 飼育小屋少女

Copyright© チンジャオ娘ネタバレ天国:エロ漫画全作品のあらすじ , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.