肝っ玉母さんが女の顔を見せるのは

肝っ玉母さんが女の顔を見せるのは 4話ネタバレ&無料試し読み

更新日:

 

 

『肝っ玉母さんが女の顔を見せるのは』をネタバレします♡

 

 

 前回はコチラ 

 

 

 

「無料立ち読み」はコチラ

↓   ↓   ↓

ガマンは、カラダに禁物♡

 

BookLiveコミック【肝っ玉母さんが女の顔を見せるのは】※スマホ専用

 

 

 

第4話 あらすじネタバレ
「こ、コラ!料理中だってのに…」家族に嘘をついて若いオスとお泊り生交尾

 

 

―――ぱんっぱんっ

 

 

タツヤ

「おばちゃんがこんなエロい格好でオレを誘惑するからいけないんだろっ!!」

 

 

恵美子

「あっ あたしは…誘惑してなんか…っ」

 

 

いつもの様にタツヤ君の家で料理を作っていると我慢しきれずタツヤ君が後ろから襲ってきます。

 

 

タツヤ

「嘘つけ!おばちゃんきづいてねえのかよ!」

「オレの部屋に来た時からもう発情したメスの顔していやらしい匂い プンプン させてたぜ!」

 

 

立ちバックて恵美子さんを突きながらさらに言葉責めを続けるタツヤ君。

 

 

タツヤ

「家族のことほったらかして他の男のチ○ポを咥えこんで悪いと思わないのかよ…っ!」

 

 

恵美子

「くっ…お願いだよ…その事は…家族の事は言わないでぇ…」

 

 

タツヤ

「正義ヅラしてオレの事叱って…」

「ホントはチ○ポが大好きなスケベババアのくせに!」

「オレに優しくしてくれたのだって…ホントは若いチ○ポが欲しかっただけなんだろ!?」

 

 

恵美子

「ちっ…ちが…おおっ ちがうのぉぉ あたしは…っ ああ壊れるっ そんなに激しくしたらぁっ」

 

 

タツヤ

「このビッチおばちゃんめ!!おしおきだ!中で出してやる!!」

 

 

―――どぷっ

 

 

恵美子

「ダメ!中は…っ!」

 

 

―――びゅるるるっ

 

 

恵美子

「ごめんなさい!ごめんなさいぃぃぃっ」

 

 

そして一回出して落ち着いたタツヤ君。

 

 

タツヤ

「ごめん…おばちゃん…中で出しちゃった…」

 

 

素直に謝ります。

 

 

恵美子

「…いいんだよ 今日はおばちゃん大丈夫な日だから…」

 

 

恵美子さん、だから生でヤラせたんですね。

 

 

タツヤ

「おばちゃん…オレ…ハラへった」

 

 

恵美子

「…もうすぐ出来るからテーブルで待ってなさい」

 

 

そしてご飯を食べ終え…。

 

 

恵美子

「タツヤ…ん そろそろおばちゃん帰んないと…もうおなかいっぱいになったろ?」

 

 

―――ちゅぷ ちゅっ ちゅ

 

 

タツヤ

「やだ…おばちゃん泊まってけよ…今日オヤジ帰ってこないんだ」

 

 

食後そのままエッチになだれ込んだのでしょうか?

 

 

食卓で二人は裸で対面座位の体勢になり、タツヤ君は恵美子さんのおっぱいをしゃぶります。

 

 

恵美子

「わがまま言うんじゃないよ…」

「おばちゃんには家族が待ってるんだから…」

 

 

タツヤ

「だったらおばちゃんオレの家族になってよ!オレの女になってよ!いいだろ?」

 

 

恵美子

「無理言わないでっ…おばちゃんには夫が…息子がいるんだよ!」

 

 

タツヤ

「なんでだよ!オレのチ○ポが大好きなくせに オレとのセッ○スが大好きなくせに!!」

「恵美子!オレの女になれ!恵美子!!」

 

 

恵美子

「こっ…コラ!呼び捨てなんて…あああっ」

 

 

そう言いながらさらに激しくエッチをするタツヤ君。

 

 

 

 

「無料立ち読み」はコチラ

↓   ↓   ↓

ガマンは、カラダに禁物♡

 

BookLiveコミック【肝っ玉母さんが女の顔を見せるのは】※スマホ専用

 

 

 

恵美子

(あああっ すごい この子身体であたしが自分のモノだって教え込もうとしてる)

(おっぱい食べられながら子宮の奥突かれて…あたしの全身この子のモノにされちゃってる!)

 

 

―――どぷっ

 

 

そしてタツヤ君に中出しをされた数分後。

 

 

恵美子

「…うん…タツヤが熱出しちゃってね…」

「お父さんも今日夜勤だって言うから泊まってってあげないと」

っと、家にウソの電話をかけ、タツヤ君の家に泊まっていくのでした。

 

 

そして、場面は変わり…。

 

 

ユウジ

(最近 この店に男子学生が増えた気がする)

(しかも覗き見る彼らの目は)

 

 

ちょっと前までは恵美子さんを「鬼ババア」と怖がり近づかなかった男子学生。

 

 

それが恵美子さんを見て勃起している様な…?

 

 

タツヤ

「よぉお前ら 何買ってるんだ」

 

 

男子学生

「た…タッちゃん」

「ななんでもないよ!」

「じゃあね!」

 

 

ユウジ

(いや…いつも通りだ きっと僕の勘違いだろう)

 

 

タツヤ

「おばちゃん!」

 

 

恵美子

「あら龍也…」

「いらっしゃい」

 

 

ユウジ

(きっと――)

 

 

~つづく!~

 

 

「肝っ玉母さんが女の顔を見せるのは 」4話の感想

 

 

今回のタツヤ君は今までの可愛らしいイタズラっ子のタツヤ君ではなく、チンジャオ娘作品の男役のそれでしたね(笑)

 

 

「申し訳なく思わないのか!」って言い回しはチンジャオ娘作品の独特の言い回しですよね(笑)

 

 

それはさておき、恵美子さん、完全に堕ちたと言ってもいい様な状況ですね…!

 

 

しかも、最後に男子学生まで登場してきて…?

 

 

タツヤ君、まだその辺のことわかってなさそうですから、恵美子さんを友達に貸し出したりとかもあるんでしょうか…!?

 

 

次回の展開が楽しみです!

 

 

 続きはコチラ 

 

 

 

「無料立ち読み」はコチラ

↓   ↓   ↓

ガマンは、カラダに禁物♡

 

BookLiveコミック【肝っ玉母さんが女の顔を見せるのは】※スマホ専用

 

 

エロ漫画やアニメをネタにして

”月収50万円”以上稼ぐ手法を無料公開中!

   

今だけ3万円相当のプレゼント進呈!

   

-肝っ玉母さんが女の顔を見せるのは

Copyright© チンジャオ娘ネタバレ天国:エロ漫画全作品のあらすじ , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.