チンジャオ娘×達磨さん転んだ 作品 美人面犬の飼い方

美人面犬の飼い方 4話ネタバレ&無料試し読み

更新日:

 

 

『美人面犬の飼い方』をネタバレします♡

 

 

 前回はコチラ 

 

 

 

「無料立ち読み」はコチラ

↓   ↓   ↓

ガマンは、カラダに禁物♡

 

BookLiveコミック【AC】美人面犬の飼い方※スマホ専用

 

 

 

第4話 あらすじネタバレ
「あなたは人間で、私は人面犬なのよ?」こうして飼い主と飼い犬は交尾をするようになり…

 

 

アンナ

「こ 交尾って何を…っ」

 

 

ケイ

「僕のチ○チン …姉ちゃんのオマ○コに挿れてみたいんだ!」

 

 

アンナ

「そ そんなのダメに決まってるでしょ!」

「私たち姉弟で…あなたは人間 私は人面犬なのよ!?」

「交尾なんてできるわけないわっ」

 

 

アンナちゃんの人面犬マ○コを舐め、興奮したケイ君は制止するアンナちゃんの声も聴かずメリメリと無理矢理自分のおち○ちんを捻じ込んでいきます。

 

 

アンナ

「ケイ…!」

「止めないとお姉ちゃん怒る…あぐっ!?」

 

 

ケイ

「ああ…入ってく…」

「さきっぽが姉ちゃんの中に…!」

 

 

アンナ

(ダメ…!この子…)

(まるで発情したオスみたいに暴走してる…!?)

「ひぐっ…お願い…やめてっ 入るわけない…」

「人間のペ○スなんて…大きすぎて絶対無――っ」

 

 

―――ズプンッ

 

 

アンナちゃんの悲鳴とは裏腹にアンナちゃんの身体は、オマ○コはケイ君のおち○ちんを全て受け入れてしまいます。

 

 

アンナ

「…ぁ…ああ…あ…」

 

 

ケイ

「……ッ 入ったよ!姉ちゃんの中に全部!」

 

 

アンナ

(そんな…人間の…ケイのオチ○チンが…お腹の奥まで…っ」

 

 

ケイ

「すごい…姉ちゃんの中…人間より体温が熱くて…」

「チ○コが溶けちゃいそうだ…!」

 

 

そしてケイ君はヂュボヂュボと腰を動かし始めます。

 

 

アンナ

「ダメ 抜いて――ヤ…ぅ 動か…キャウッ…ないで!」

 

 

ケイ

「あああ…気持ちいい!姉ちゃんのオマ○コ気持ちいいよぉ!」

「そう!そうやって足つっぱってて!」

「でないとキツすぎて姉ちゃんの身体ごとチ○コで持ち上がっちゃいそうだ!」

 

 

アンナ

「ケイ やめ…て!お姉ちゃんのソコ…は人間用じゃ…ないのっ!」

「そんなにされたら…お姉ちゃん…壊れ…ちゃっ……」

 

 

ケイ

「で 出る…ッ」

 

 

―――ドピュドピュドピュドピュドピュ

 

 

アンナ

「キャ…キャウウウウ」

(ウソ…出てる…人間の…濃厚な精○がお腹の奥で…)

(私弟に…人間のオスに種付けされちゃってる)

 

 

ケイ君は射○しながらも腰が止まりません。

 

 

アンナ

「やめ…ケイ…もう…許しっ…キャウ」

 

 

ケイ

(もっと交尾したい…もっと姉ちゃんと交尾して犬マ○コに中○ししたい…)

 

 

アンナ

「クゥン クゥゥゥン」

 

 

それからケイ君は数え切れないくらいアンナちゃんの中に射○しまくります。

 

 

初めて味わうオマ○コは気持ち良すぎて、杏奈ちゃんの小さな身体が壊れてしまうかも…そんな心配をする余裕すらなかったのでした。

 

 

そしてアンナちゃんももはや抗うことも無く、まるで屈服したメス犬のようにケイ君の欲望を全て受け入れたのでした。

 

 

ケイ

「姉ちゃん…!また出すよ!キンタマの中…空っぽになるまで!」

 

 

アンナ

「キャ…ゥ…ゥ」

 

 

そしてケイ君はふと我に返ります。

 

 

ケイ

「……あ…っ ね姉ちゃん…!?僕 なんてことを…!」

 

 

アンナ

「…ク…ゥ…やっと正気に戻ったの?」

 

 

―――コポ コプ トロー

 

 

溢れる程に出されたケイ君の精○がアンナちゃんのあそこから流れ出ます。

 

 

アンナ

「お勉強なんて…お姉ちゃんに嘘付いたのね?」

 

 

ケイ

「ご ごめんなさい…僕最近すごくムラムラしちゃって…」

「テスト勉強も手に付かなくて…」

 

 

アンナ

「しょうがない子…今度したくなったら…」

「ちゃんと正直に言うのよ?」

 

 

そしてその夜からケイ君は性欲がたまるとすぐアンナちゃんに「お願い」をするようになったのでした。

 

 

 

「無料立ち読み」はコチラ

↓   ↓   ↓

ガマンは、カラダに禁物♡

 

BookLiveコミック【AC】美人面犬の飼い方※スマホ専用

 

 

 

アンナちゃんは渋々という態度を取りながらも抵抗することなく身体を使わせてくれます。

 

 

ケイ

「ごめん姉ちゃん宿題してたらまたムラムラしちゃって…」

 

 

アンナ

「ん…もう…ここのとこ毎日じゃない」

 

 

ケイ

「だって姉ちゃんのオマ○コ気持ち良すぎて…」

「ああ…おっぱいもフカフカでエロいよぉ」

 

 

アンナ

「コラ…ん」

「そんなに強くもんじゃ…っ」

 

 

ケイ君はアンナちゃんに挿入しながら抱え込み、ひたすらアンナちゃんの胸を揉み続けます。

 

 

ケイ

「あ 姉ちゃんの乳首 膨らんで硬くなってきたよ」

 

 

アンナ

「やん ダメよ!そこ摘んじゃ…っ」

 

 

ケイ

「でも こうされると気持ちいいんでしょ?」

「ぐりぐりするとオマ○コがぎゅうぎゅう締め付けてくるもん」

「ほら ほら♪」

 

 

アンナ

「や…やめなさいっ お姉ちゃんの身体で…アン!遊ばないでちょうだいっ」

 

 

ケイ

「こっちの乳首も立ってる ちっちゃくてもちゃんとおっぱいなんだなぁ」

 

 

ケイ君はそう言いながら人間の様な胸の方ではなく、犬の複乳の方の乳首をクリクリと弄り始めます。

 

 

アンナ

「きゃん そっちはダメ!」

「そのおっぱいは恥ずかしいのっ」

 

 

そう言うアンナちゃんに対し、ケイ君はクリトリスの様で可愛いとその乳首を弄り続けます。

 

 

アンナ

「おバカ! …んん イタズラばっかりしてないで早く済ませちゃいなさいっ」

「宿題まだ終わってないんでしょ!?」

 

 

そう言われたケイ君はチュプチュポとまるでアンナちゃんを大きなオナホの様に使い始めます。

 

 

ケイ

「姉ちゃん軽いからこうするとオ○ニーみたいで抜きやすい……!」

「イク…イクよ!姉ちゃん…!」

 

 

―――ドピュ ドピュ ドピュン

 

 

アンナ

「クゥゥン!クゥゥゥゥゥン!!」

(あああ…人間の精○…また中で出されちゃってる…私人面犬なのにぃ」

 

 

ケイ

「ふぅ…ありがとう姉ちゃんこれで勉強に集中できるよっ」

 

 

アンナ

「良かったわ…じゃあお姉ちゃんもう今日は…」

 

 

ケイ

「宿題終わったら」

「寝る前にもう一回お願いね!」

 

 

アンナ

「……っ」

 

 

~つづく~

 

 

「美人面犬の飼い方」第4話の感想

 

 

馴れ初め話の完結回でしたね。

 

 

まさに年頃の男の子が女性に興味を持って、近くにいる魅力的な女性としてお姉ちゃんが…的な展開でしたが、その相手はお姉ちゃんであると同時に飼い犬で…という変化球。

 

 

変化球なのですが…もう私の中では「犬でいいじゃない、こんな可愛いんだもの」という感じになってます(笑)

 

 

そりゃケイ君仕方ないよ、こんな可愛いお姉ちゃんが家にいるんだもん…。

 

 

しかもこんな面倒見のいいお姉ちゃん。

 

 

私は性別が違うので弟の気分というのは想像でしかないですが、やっぱり年頃にこんな可愛い子が家にいたらこうなっちゃうんじゃないかなぁ…犬だとしても…(笑)

 

 

さて、どうやら次回はお話が展開して、ゲージの中でむしろ犬の様に二人は交わり…というお話の様で…。

 

 

しかも両親も帰ってきてしまい…?

 

 

ケイ君、一体どうなってしまうのか…次回が楽しみです!

 

 

 続きはコチラ  

 

 

 

「無料立ち読み」はコチラ

↓   ↓   ↓

ガマンは、カラダに禁物♡

 

BookLiveコミック【AC】美人面犬の飼い方※スマホ専用

 

 

-チンジャオ娘×達磨さん転んだ 作品, 美人面犬の飼い方

Copyright© チンジャオ娘ネタバレ天国:エロ漫画全作品のあらすじ , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.