チンジャオ娘×達磨さん転んだ 作品 美人面犬の飼い方

美人面犬の飼い方 2話ネタバレ&無料試し読み

更新日:

 

『美人面犬の飼い方』をネタバレします♡

 

 

 前回はコチラ 

 

 

 

「無料立ち読み」はコチラ

↓   ↓   ↓

ガマンは、カラダに禁物♡

 

BookLiveコミック【AC】美人面犬の飼い方※スマホ専用

 

 

 

第2話 あらすじネタバレ
「こんな汚いもの舐めろだなんて!」と言いながらも尻尾を振っちゃうメス犬の本能

 

 

アンナ

「アレって…まさか またこの臭いのを舐めろって言うんじゃないでしょうね?」

 

 

ケイ

「う うん…姉ちゃんが嫌なら良いんだけど」

 

 

アンナ

「…い イヤに決まってるでしょ!」

「…でも 不潔にしてケイが病気になったら困るし――」

「はぁ…これも姉の義務かしら」

 

 

“人間の弟”ケイ君と“人面犬の姉”アンナちゃんは、交尾を終えるとケイ君が所謂「お掃除フェラ」をしてくれとアンナちゃんにせがみます。

 

 

アンナちゃんは嫌々ながらも承諾し…。

 

 

―――レロ レロレロ

 

 

アンナ

「うう…ヒドイ臭い…っ」

「こんな汚いもの姉に舐めさせるなんてなんて弟かしら…ん」

 

 

そう言いながらも尻尾はフルフルと振っているアンナちゃん。

 

 

弟君もアンナちゃんが汚れたチ○コを舐めるのが好きなのを知っているようです。

 

 

アンナ

「もしケイに将来彼女ができても絶対こんなことさせちゃダメだからね?」

「…聞いてるの?」

 

 

ケイ

(姉ちゃんの柔らかい舌が…カリの裏とか…)

(汚れやすい部分を丁寧に舐めてくれて…ううっ)

 

 

するとムクムクっとケイ君がまた大きくなってしまいます。

 

 

アンナ

「…ちょっとケイ何また大きくしてるの?」

 

 

ケイ

「だって 姉ちゃんがエロい舐め方するから…っ」

 

 

アンナ

「ひ 人のせいにしないのっ」

「せっかく小さくしたのに…これじゃあ帰れないじゃない」

「もう…しょうがないわねぇ もう一度お姉ちゃんのお口に出しちゃいなさい」

 

 

するとケイ君はグイッと腰を突き出し、アンナちゃんの口に大きくなったそれをねじ込みます。

 

 

アンナ

(この子ったらまたいきなり奥まで…!)

(男のオチ○チンの…オスの匂いで口でいっぱいに…っ)

 

 

ケイ

「気持ちいい!気持ちいいよ姉ちゃんの口マ○コ!」

 

 

アンナ

(まったくもうっ 姉の口を…まるで玩具みたいに乱暴にしてっ)

(あとで絶対お説教なんだからっ)

 

 

そう思いながらも尻尾はさらにブンブンと振られてしまうアンナちゃん。

 

 

アンナ

(ああ…人間のオスの匂いが…味がドンドン濃くなってくそろそろ射○しちゃうのね)

 

 

―――ドビュルル ドプン ドプン

 

 

ケイ

「ね 姉ちゃん飲んでっ」

 

 

アンナ

「んっんんんん」

 

 

コクンコクンと飲み干すアンナちゃん。

 

 

ケイ

「ああ…スゴイよ姉ちゃん…」

「尿道の中に残ったのまで」

「吸い出してくれてる…っ」

 

 

アンナ

(ふふ…気持ちよさそうな顔しちゃって)

(ダメな姉ね…弟にこんな顔されると何でも許しちゃう)

(本当はこんなこと…姉弟で…しかも人と犬でこんな関係絶対許されることじゃないのに…)

 

 

この二人がこんな関係になったのは数ヶ月前からのことでした。

 

 

同級生に見せてもらったエッチな本…。

 

 

ケイ君の家は親が厳しく、こういう本を見たのは初めてで、その日は放課後の散歩中も「女性の身体」のことでケイ君の頭はいっぱいでした。

 

 

ケイ

(おっぱい)

(おま○こ)

(見てみたい)

(触ってみたい)

 

 

アンナ

(あ…ちょっと失礼するわね)

 

 

―――ちょろろろろ

 

 

顔は美少女であるとはいえ人面犬。

 

 

普通の犬と同じ様におしっこをするアンナちゃんに、エッチなことで頭がいっぱいなケイ君は目が釘づけになってしまいます。

 

 

 

「無料立ち読み」はコチラ

↓   ↓   ↓

ガマンは、カラダに禁物♡

 

BookLiveコミック【AC】美人面犬の飼い方※スマホ専用

 

 

 

アンナ

「…あの ケイ?そんなに見られると恥ずかしいんだけど」

 

 

ケイ

「あ ああごめん」

 

 

アンナ

「待たせちゃった?早く帰りましょうか」

 

 

ケイ

(そうか…人面犬にも)

(おっぱいとか)

(オマ○コはあるんだよな……)

 

 

それ以来、ケイ君は姉のアンナちゃんを思いながら、家にあった本『人面犬の飼い方』をエロ本かわりにオ○ニーすることを覚えてしまい…。

 

 

ケイ

「姉ちゃん…」

「姉ちゃん…」

 

 

―――シコシコシコ

 

 

ケイ

「姉ちゃん…っ」

「う…ッ」

 

 

どんなにしても収まらないケイ君はテストも近いというのに勉強に手がつきません。

 

 

そんなケイ君にアンナちゃんが声をかけます。

 

 

アンナ

「ケイ?」

 

 

ビクンとするケイ君にそうとは知らずアンナちゃんは優しい声をかけますが、部屋に充満するオスの臭いに気づきますが…。

 

 

アンナ

「寝付けないならお姉ちゃんが一緒に寝て――」

 

 

ケイ

「ね 姉ちゃん……!」

「あのさ…お願いがあるんだけど」

 

 

そして……。

 

 

アンナ

「ねえ ケイ…本当にこれお勉強なの?」

 

 

ケイ君はベッドにアンナちゃんを仰向け、犬の服従のポーズを取らせるのでした。

 

 

アンナ

「…わかったわ でもあまり乱暴にしないでね」

 

 

ケイ

「う うん!」

 

 

~つづく~

 

 

「美人面犬の飼い方」第2話の感想

 

 

アンナちゃん、甘々なお姉ちゃんですね…(笑)

 

 

しかも、ここは人面犬という設定が活きているというか、尻尾振ってることで内面が丸わかりというのは素直に「なるほど!」って思っちゃいました。

 

 

この表現、とっても可愛らしいですよね。

 

 

人で描くとモノローグで表現するしかないと思うのですが、絵で表現されるってのがまたいいなって思います。

 

 

そして、ケイ君とアンナちゃんがこんな関係になったことの回想に入るわけですが…。

 

 

人間的な胸が強調される分、仰向けになるとバックの体勢よりだいぶ人間感は出ますね。

 

 

人間感が出ることがコアなファン層にとっていいことなのかどうかはわかりませんが、私はこっちの方がマイルドになって好きかな?(笑)

 

 

さて、次回は二人の初体験回。

 

 

どんな初体験になるのか楽しみです!

 

 

 続きはコチラ  

 

 

 

「無料立ち読み」はコチラ

↓   ↓   ↓

ガマンは、カラダに禁物♡

 

BookLiveコミック【AC】美人面犬の飼い方※スマホ専用

 

 

-チンジャオ娘×達磨さん転んだ 作品, 美人面犬の飼い方

Copyright© チンジャオ娘ネタバレ天国:エロ漫画全作品のあらすじ , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.