チンジャオ娘×達磨さん転んだ 作品 神の乳母~異形に奪われた妻~

神の乳母~異形に奪われた妻~ 6話ネタバレ&無料試し読み

更新日:

 

 

『神の乳母~異形に奪われた妻~』をネタバレします♡

 

 

 前回はコチラ 

 

 

 

「無料立ち読み」はコチラ

↓   ↓   ↓

ガマンは、カラダに禁物♡

 

【神の乳母~異形に奪われた妻~】※スマホ専用

 

 

 

第6話 あらすじネタバレ
「好きなだけママの中に出して」成長してオスとなった異形との生殖行為

 

 

―――ぬぅ

 

 

異形は――神様は、奥さんの母乳を飲んで更に成長し、今では成人男性よりも大きな体躯を得ました。

 

 

「いい子ね…こっちよ あなたの逞しいものを…私の中に挿れて」

 

 

かつて「へその緒」だったモノは形状を変えて雄々しい「ペ○ス」として異形の股間で勃○しています。

 

 

今日は初めて二人の「セッ○ス」を行う日です。

 

 

神様

「マ゛…マ゛…」

 

 

―――ズプン

 

 

神様のペ○スは硬く これまでのねぶるような触手とは異なり、妻の膣を強引に押し広げて まっすぐ奥まで貫きました。

 

 

「ひぐっ!!あ゛あ゛ああ゛あ」

 

 

神守

「ふふ すごいわ百合恵さん」

「いきなり全部受け入れてしまうなんて」

 

 

―――ズッヂュブン ズッ

 

 

神守

「あらあら…教えてもいないのにそんなに必死で腰を動かして」

「よっぽど百合恵さんの中が気持ちいいのね」

 

 

神様

「あ゛…」

「あ゛…」

 

 

神守

「でもダメよ そんなに激しくしたらせっかくのお母さんが壊れてしまうわ」

 

 

神様がその巨体を揺するたび、硬く雄々しいものが奥さんの子宮を貫きます。

 

 

それはかつての愛液をねだるような動きではなく、一匹のオスとして奥さんを征服するような まさしく「交尾」としての活動でした。

 

 

―――ドプュ…ドピュドピュドピュ

 

 

神様

「マ゛…マ゛ア゛…!」

 

 

「あ゛…ああああア」

 

 

奥さんの中に 熱く濃厚な体液を放つ神様。

 

 

ついに奥さんは夫以外の…人間ですらない何かの精○を、息子を産んだ子宮で受け入れてしまいました。

 

 

(それなのに私…ああ…あなた…)

(ユウくん…お母さんを許して…)

 

 

 

「無料立ち読み」はコチラ

↓   ↓   ↓

ガマンは、カラダに禁物♡

 

【神の乳母~異形に奪われた妻~】※スマホ専用

 

 

 

妻は 自分の体液を啜って大きくなったこの存在に、我が子に対するような愛おしさを抱きました。

 

 

そして まるで実の息子に抱かれているかのような、この上なく背徳的な幸福感を覚えてしまっていました。

 

 

「ええ…いいのよ…好きなだけ私の…ママの中に出して…」

 

 

奥さんの中で長い長い射○を終えた後、神様は引き抜いたソレを晒すように身を横たえました。

 

 

神守

「たくさん気持ちよくしてもらったのだから、女性としての義務を果たさないと…」

 

 

神守のそんな囁きを聞くよりも先に妻は 女としての…あるいは母としての本能で 神様が何を求めているのかを察し、それを口で奉仕し始めます。

 

 

(ああ…こんな逞しいもので私を愛してくれていたのね)

(男の子の大事な場所 ちゃんとキレイにしてあげないと)

 

 

尿道の中までキレイに吸い取ろうとする刺激に、神様は快楽に耐えるように巨体を震わせます。

 

 

(可愛い…)

 

 

夫相手にでも内心嫌々だった口での行為も、この子に対しては少しも不快感もなく、むしろもっと気持ちよくしてあげたいと思っている奥さん。

 

 

いつか若い頃、夫に求められた行為を思い出し、自らの乳房で神様のペ○スを挟み込みます。

 

 

「ん…どう…?」

「気持ちいいかしら あなたの大好きなおっぱいよ」

 

 

胸が焼ける程の熱さを感じる妻。

 

 

ペ○スの先端を舌で愛撫しながら、自らの乳房を強く押し付けるようにして神様のペ○ス全体をしごき上げます。

 

 

「逞しいのが…胸の中でビクビクってしてる」

「そろそろまたイッちゃうんだわ…」

「ちゅ…いいのよ…ママのおっぱいで好きに出して」

 

 

―――ドグン、ドビュ!!

 

 

「んんっ~~~~ーー」

 

 

男性器から吐き出される大量の精○が かけがえのないもののように思え、妻は一滴もこぼすまいと吸い付きました。

 

 

口の中を満たして溢れそうになる精○を 必死に飲み干す妻。

 

 

「ふふっ…ごちそうさま」

「あの人のよりずっと濃くて男らしい味…」

「お口だけで妊娠させられちゃいそう」

 

 

しかし、神様のペ○スはまだまだ 力強くそそり立っています。

 

 

「あらあら…まだ逞しいままなのね…ステキ」

「ええ…わかってるわ あなたが満足するまで」

「ママの胎内に出させてあげる」

 

 

「神の乳母~異形に奪われた妻~」6話の感想

 

 

成人男性サイズとは言えど 見た目は赤ん坊の様な姿の神様。

 

 

ホラーな感じは継続してます。

 

 

もはや妻は、今までの母や妻から 完全に女性になってますね…!

 

 

次話は『「私の大切な赤ちゃん…ちゃんと産んであげるから」そして妻は母になる』

 

 

孕まされてしまうんですね…。

 

 

 続きはコチラ 

 

 

 

「無料立ち読み」はコチラ

↓   ↓   ↓

ガマンは、カラダに禁物♡

 

【神の乳母~異形に奪われた妻~】※スマホ専用

 

エロ漫画やアニメをネタにして

”月収50万円”以上稼ぐ手法を無料公開中!

   

今だけ3万円相当のプレゼント進呈!

   

-チンジャオ娘×達磨さん転んだ 作品, 神の乳母~異形に奪われた妻~

Copyright© チンジャオ娘ネタバレ天国:エロ漫画全作品のあらすじ , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.