チンジャオ娘×達磨さん転んだ 作品 神の乳母~異形に奪われた妻~

神の乳母~異形に奪われた妻~ 5話ネタバレ&無料試し読み

更新日:

 

 

『神の乳母~異形に奪われた妻~』をネタバレします♡

 

 

 前回はコチラ 

 

 

 

「無料立ち読み」はコチラ

↓   ↓   ↓

ガマンは、カラダに禁物♡

 

BookLiveコミック【神の乳母~異形に奪われた妻~】※スマホ専用

 

 

 

第5話 あらすじネタバレ
「しょうのない子…もう少しだけよ」玄関越しに夫と会話しながらイかされて

 

 

―――ヂュルル ヂュルル ヂュルルル

 

 

夫の横で犯された夜から数日が過ぎて、あれからも「この子」の元へ奥さんは通っています。

 

 

異形はさらに成長を続け、その姿は人間に近づいてきています。

 

 

そのせいもあってか奥さんは近頃この子をあまり恐ろしいとは感じなくなり それどころか愛おしさすら覚えるようになっていました。

 

 

それはまるで…我が子を抱いているときのように。

 

 

「ふふ…今日もたくさん飲むのね」

 

 

その姿に思わず、息子のユウくんにおっぱいをあげていた時を 思い出します。

 

 

その変化は心だけではなく、身体にも及び、最近では本当に母乳が出るようになっていました。

 

 

奥さんの身体がこの子を我が子として認め、この子のための母体に作り変わってゆくのを感じます。

 

 

―――にゅる

 

 

「あらあら…いけない子」

「そっちでも私が…お母さんが欲しいのね?」

「いいのよ」

「この身体は、もうあなたのためのモノなんだから」

 

 

そしてこの日も、数時間に渡りこの子に貪られ続けたのでした。

 

 

「あん もうダメよ…」

「時間なんだから…私帰らないと…ん」

 

 

この日、異形はいつもよりしつこく奥さんを求め、いつもならば眠りにつく時間になっても 離れようとしませんでした。

 

 

帰宅のため玄関へ向かった奥さんの背中に這い登り、長く太いへその緒を伸ばしてきます。

 

 

「そんな駄々をこねたって…んん」

「あん すごい さっきまであんなにシてたのに…こんなに元気なんて」

 

 

少し前であればもう異形も疲れていたはずなのに、今ではまだ満ち足りないとへその緒は太く膣内を貪ります。

 

 

その貪欲さに、我が子の成長を見たかのような喜びを感じる奥さん。

 

 

「もう…しょうのない子 もう少しだけ…あと少しだけよ」

 

 

―――ピンポーン

 

 

「ごめんください こちらでお世話になっている杉山の夫ですが…」

 

 

「あ あなた…!?な なんで…」

 

 

「百合恵?そこにいるのかい?」

 

 

いつもより帰りが遅い奥さんを心配して、旦那さんが迎えに来たのでした。

 

 

「そう…もうそんな時間なのね 急いで支度を…」

 

 

―――チュプンッ

 

 

「あ゛ん」

 

 

夫婦の会話を理解しているのか、異形はまるで嫉妬したかのように よりいっそう激しく攻め立ててきました。

 

 

 

「無料立ち読み」はコチラ

↓   ↓   ↓

ガマンは、カラダに禁物♡

 

BookLiveコミック【神の乳母~異形に奪われた妻~】※スマホ専用

 

 

 

「やだ そんな意地悪しないで…あの人に聞こえちゃう…お願い…」

 

 

「百合恵?どうかしたのかい?」

 

 

「~~っ はひっ…ただちょっと赤ちゃんがぐずってて…」

「待っててぇ…もうすぐ…もうすぐにイクからぁ」

 

 

―――プシャァァ

 

 

(ごめんなさいあなた…私やっぱり…)

(もうこの子のほうが…)

 

 

夫とドア一枚越しに会話しながらも、異形の触手で激しく絶頂してしまう奥さん。

 

 

しかし、そのことへの罪悪感よりも、この子に愛してもらえた悦びのほうが 勝ってしまっていることを自覚します。

 

 

「ごめんなさいあなた…まだ赤ちゃんが離してくれなくて…

 

 

今の奥さんには、もはやドアの向こうの夫の顔も 家で母を待っているであろう息子の顔ですらも、思い出すことができなくなっているのでした。

 

 

「神様ぁ早く来てぇ…」

 

 

神守

「ふふ、百合恵さんもすっかり乳母のお役目が 板についてきたわね」

「おかげで、神様も立派に大きくなられたわ」

 

 

・・・そして、数ヶ月の時が過ぎたある日のことです。

 

 

普段は 外出していることの多い神守さんですが、この日は二人を見守るように在宅していました。

 

 

異形

「マ゛…マ゛…」

 

 

「神の乳母~異形に奪われた妻~」5話の感想

 

 

今話はホラー色も強いですが、異形が人間染みて来たせいか、エロス色が強かったですね。

 

 

とはいえ 異種カン、寝取られ、凌辱、母子ものと色々ニッチな性癖を取り揃えた作品ですよねぇ…これ…(笑)

 

 

次話は『「好きなだけママの中に出して」成長してオスとなった異形との生殖行為」』

 

 

ついにへその緒ではなく、本当のペ○スの挿入なんですね…!

 

 

 続きはコチラ 

 

 

 

「無料立ち読み」はコチラ

↓   ↓   ↓

ガマンは、カラダに禁物♡

 

BookLiveコミック【神の乳母~異形に奪われた妻~】※スマホ専用

 

-チンジャオ娘×達磨さん転んだ 作品, 神の乳母~異形に奪われた妻~

Copyright© チンジャオ娘ネタバレ天国:エロ漫画全作品のあらすじ , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.