チンジャオ娘×エンガワ卓 作品 姉はヤンママ授乳中in熱海

姉はヤンママ授乳中in熱海編 第5話ネタバレ&無料試し読み

更新日:

 

 

『姉はヤンママ授乳中in熱海編』をネタバレします♡

 

 

 前回はコチラ 

 

 

 

「無料立ち読み」はコチラ

↓   ↓   ↓

ガマンは、カラダに禁物♡

 

100996270_BookLiveコミック【AC】姉はヤンママ授乳中in実家~熱海編※スマホ専用

 

 

【in熱海編】第5話あらすじネタバレ
「酔いつぶれたら起きないし」旦那の前で人妻姉に種付けして朝までひたすら

 

 

旅行2日目。

 

一行は熱海の名所秘宝館に行ってきたのでした。

 

 

―――レロレロ

 

 

「ねぇねぇタク見て~これ超美味しい♥」

 

 

“チ○ポ飴”をいやらしい舐め方で食べるお姉ちゃん。

 

 

「や やめろよ姉貴!その舐め方……!」

 

 

そんな動揺する弟君をよそに、ただ飴がおいしそうだという理由でダイキ君が飴をねだるのでした。

 

 

そして熱海の街を観光し、二日目の夜。

 

 

お姉ちゃん的に「明日は粉ミルクの日」と決めていたらしく、今晩は両親に子供たちを任せて深夜まで晩酌に興じます。

 

 

弟君と大輔さんもそれに付き合っていたのですが…。

 

 

―――ぐにゅぐにゅ

 

 

「あ 姉貴!これは流石にマズイって…」

「酔っ払いすぎだろ…!?」

 

 

お姉ちゃんは浴衣がはだけ、下も上も見えてしまっている状態でテーブルの上に座り、弟君のおち○ちんを足で弄ります。

 

 

「ハァ?昨日のお返しじゃん…ほれほれ♥」

 

 

テーブルの向こう側には酔い潰れて寝てしまっている大輔さんがいますが…?

 

 

「だいたいアンタ最近生意気なのよ!」

「さっきからアタシのアソコガン見してチ○コこんなにしてるくせにさ」

 

 

「あ あう…っ」

 

 

―――ずぷ…ぷ…

 

 

「タク…かたぁい♥」

 

 

そのまま弟君の膝の上に移動し、対面座位で挿入してしまうお姉ちゃん。

 

 

「姉貴…やばい!やばいって!」

「もし今大輔さんが目ぇ覚ましたら…!」

 

 

「だいじょぶだって大輔酔いつぶれたら絶対起きないし…」

「たぶん」

 

 

「たぶんて!?」

 

 

ヤバイと思いながらも お姉ちゃんのマ○コが気持ちよすぎてやめられない弟君。

 

 

「んんん…ッ♥」

 

 

―――ドプ…ドプ…

 

 

「ああ…熱いの…中で出てるぅ♥♥」

 

 

(やべぇ!俺…)

(旦那の直ぐ目の前で姉に…)

(人妻に精○注ぎ込んでる!)

 

 

大輔

「ンあ?」

 

 

姉・弟

「「どきっっ」」

 

 

「やばっ隠れて…!

 

 

そのままお姉ちゃんは弟君を自分と座椅子、そしてタオルで包み込む様にして苦し紛れに隠します。

 

 

 

「無料立ち読み」はコチラ

↓   ↓   ↓

ガマンは、カラダに禁物♡

 

100996270_BookLiveコミック【AC】姉はヤンママ授乳中in実家~熱海編※スマホ専用

 

 

 

「だ 大輔おはよ~」

 

 

大輔

「ああ…おっとと…あれ…タクヤは…?

 

 

「タクならトイレじゃないかな~あはは」

 

 

―――ビュッ ビュッ

 

 

(やべぇ!射○が止まんねぇ!)

 

 

大輔

「そか…わりぃ…俺先に寝るわ…飲みすぎた…」

 

 

酔って朦朧としていた大輔さんは弟君に気づかず、ふすまを挟んで隣の部屋で寝てしまうのでした。

 

 

「やばかった!」

「マジ!マジ死ぬかと思った!」

 

 

「あはは…流石にアタシも…焦ったわぁ♥」

「でもぶっちゃけかなりコーフンしたよね♥♥」

 

 

「姉貴ビッチ過ぎだろ…!」

「あんなあとでこんなエロいケツ向けて弟誘惑するとか…!」

 

 

お姉ちゃんはその一枚を挟んで家族が寝ているふすまの方を向き、立ちバックの状態で弟君を誘っていたのでした。

 

 

「あは ギンギンチ○コでアタシの奥突いてくる弟がそれ言うわけぇ?」

「ヤバいよ アタシたち」

「この壁一枚挟んで親が…」

「旦那が♥…息子たちが寝てるのに…」

「近親セッ○ス♥やめられないとか♥」

「スゴイよぉ♥ドキドキがとまらなくて♥さっきからずっとイッてるみたい♥♥」

 

 

―――パンッパンッパンッ

 

 

「タクぅ…♥もっと突いて…ぅ♥」

「もっと激しくガンガンしてお姉ちゃんのオマ○コめちゃくちゃにしてぇ♥♥」

 

 

「くそ!この旅行中の姉貴…実家にいるときよりエロすぎだろ!」

 

 

「タクはいや?こんなエッチなお姉ちゃん」

 

 

「そ そんなわけ…っ!」

 

 

「タク 来てぇ♥お姉ちゃんの中にぶちまけてぇ♥♥」

 

 

「うああ…出る!姉貴の…人妻の…」

「ヤンママの膣内に…!」

 

 

―――ビュルルッ ビュッ

 

 

「ああああんっ♥」

 

 

そしてさらに二人はテーブルをベッドがわりにして正常位でエッチを続けます。

 

 

「タク♥タクぅ♥」

 

 

「ねーちゃん♥ねーちゃん♥」

 

 

「イクッ♥またイッちゃう♥」

 

 

こうして二人は朝になり皆が起きてくる直前までお互いの身体を貪り続けたのでした。

 

 

~つづく~

 

 

「姉はヤンママ授乳中in実家」【in熱海編】第5話の感想

 

 

いつもの様にラブラブ感満載のエッチでしたが、前半はそれに加えて今までにない危機というかスリルの中のエッチでしたね…!

 

 

そして、そんな状態でもエッチをやめられない姉弟、特にお姉ちゃんというのが今までにないくらいのビッチさと言うか、エッチさを醸し出しており、今までとは違って魅力があった回でした…!

 

 

今までのは母性というか、ラブラブ甘々という感じでしたが、本当にお姉ちゃんがエッチ好きというか、やめられない人なんだなというか…!

 

 

既に15話同じカップリングのエッチを見ているわけですが、ここに来て新たな一面を見せてくれるとは…恐れ入りました…!

 

 

そして次話はどうやら露天風呂での混浴セッ●ス。

 

 

自宅のお風呂でのエッチは今までもありましたが、温泉エッチはまた違った魅力がありますよね。

 

 

どんなエッチになるか…次話が楽しみです!

 

 

 続きはコチラ 

 

 

 

「無料立ち読み」はコチラ

↓   ↓   ↓

ガマンは、カラダに禁物♡

 

100996270_BookLiveコミック【AC】姉はヤンママ授乳中in実家~熱海編※スマホ専用

-チンジャオ娘×エンガワ卓 作品, 姉はヤンママ授乳中in熱海

Copyright© チンジャオ娘ネタバレ天国:エロ漫画全作品のあらすじ , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.