チンジャオ娘×達磨さん転んだ 作品 女子大生と教授(と僕)のありがちな

女子大生と教授(と僕)のありがちな 4話ネタバレ無料試し読み

投稿日:

 

 

『女子大生と教授(と僕)のありがちな』をネタバレします♡

 

 

 前回はコチラ 

 

 

 

「無料立ち読み」はコチラ

↓   ↓   ↓

ガマンは、カラダに禁物♡

 

【DMMコミック】同人:女子大生と教授(と僕)のありがちな SP/PC

 

 

 

第4話 あらすじネタバレ
「変わっていく彼女、取り残される僕」

 

 

沙依ちゃんの顔から憂いが消えましたが、B君との関係は薄くなっていました。

 

 

彼女はゼミに入り浸りになり、夜も暇がないようです。

 

 

この前、悪いと思いながら家まで行ってみたが、帰っているはずの深夜にも沙依ちゃんは いませんでした。

 

 

B君

「ねぇ 沙依僕たち――」

 

 

沙依

「ん どうしたのB君?」

 

 

『僕たちは付き合っているんだよね!?』

という言葉を飲み込んで とりとめのない話をしたB君。

 

 

今思えば、この頃から彼女のB君を見る目には B君は映っていなかったのです…。

 

 

――B君にそっけなくしすぎかな…

 

 

B君との付き合いに少し面倒臭さを感じる沙依ちゃん。

 

 

罪悪感を覚えてしまいます。

 

 

そんなころ、毎日のようにあった教授の呼び出しが急になくなりました。

 

 

『私のことに飽きてやっと開放されるのだろうか?だけど今更私はもう…』

…と沙依ちゃんは思ってしまいます。

 

 

もう沙依ちゃん教授に堕ち切っちゃってますね…。

 

 

それから一週間後、教授は沙依ちゃんの部屋に押し入ってきました。

 

 

教授の様子は いつもの威厳に満ちた余裕がなく、ひどく酒に酔っているようでした。

 

 

沙依

「先生?いったい――っ」

 

 

―――チュル チュル

 

 

有無を言わせず 沙依ちゃんの胸にしゃぶりつく教授。

 

 

あまりに違う様子に、恐る恐る沙依ちゃんは身をゆだねます。

 

 

沙依

「待ってください せめてベットで」

 

 

教授

「黙れ」

「私に逆らうんじゃない…!」

 

 

いつもより荒々しい責めですが、怯えてる様に見える教授。

 

 

赤子のように 沙依ちゃんの胸を吸い続けます。

 

 

沙依ちゃんを快楽に追い落とすようなテクニックはなく、なにかから逃れたい一心のようでした。

 

 

沙依

(なんかかわいそうな先生…)

 

 

―――ぎゅ にぎにぎ…

 

 

その様子にいたたまれなくなり、沙依ちゃんは自ら 教授のファスナーを開けます。

 

 

そこからは剛直しきっているモノが出てきました。

 

 

沙依ちゃんは先走っている液を 手にまぶしこすり始めます。

 

 

散々教え込まれたので、教授の弱いところは知っています。

 

 

沙依

(あ あんなにいやだったのに)

(ひっ い 今は私先生のこと…)

 

 

主導権を奪われると感じた教授。

 

 

腰に回している手の指を、アソコに入れてかき混ぜてきます。

 

 

二人は徐々に高みに上りつつありした。

 

 

―――ドビュ チュブチュブチュブ

 

 

そして二人は一緒に達しました。

 

 

大量の熱い精が 沙依ちゃんのお腹に降りかかります。

 

 

二人は快楽からピクンピクンと体を震わせました。

 

 

 

「無料立ち読み」はコチラ

↓   ↓   ↓

ガマンは、カラダに禁物♡

 

【DMMコミック】同人:女子大生と教授(と僕)のありがちな SP/PC

 

 

 

教授

「すまない…沙依君…私は」

 

 

沙依

「先生 泊まっていってください…」

 

 

朝までずっと、繋がりつづけた二人。

 

 

沙依ちゃんの身体は 久々のセッ○スに喜びを感じるのでした。

 

 

ああ…もうB君の入る余地はないですね…。

 

 

数ヶ月後、B君と沙依ちゃんの薄い関係は続いていました。

 

 

時々デートはするが、なにかそれは空虚なものでした。

 

 

B君は意を決して、沙依ちゃんを呼び出すことにしました。

 

 

度々 を耳にするようになっていたからです。

 

 

『教授が また生徒に手をだしているらしい。』

 

 

B君は自然と それを沙依ちゃんと結び付けました。

 

 

B君

(―――ただはっきりさせたい)

 

 

沙依ちゃんが来ました。

 

 

教授も一緒です。

 

 

沙依

「B君 話って…なに?」

 

 

B君

「ちょっと…えっと」

 

 

教授

「最近 ゼミに入り浸りすぎて 彼氏にかまってあげられないことなんじゃないか」

 

 

教授やっぱり性格が悪い…(笑)

 

 

意表をつかれたB君、本題をきりだすことができません。

 

 

そして、そのまま ずるずると流されてしまいました。

 

 

1時間ぐらい話している3人。

 

 

沙依ちゃんは昔のようにはしゃぎ、嬉しそうにしていました。

 

 

こんな楽しそうにしている沙依ちゃんの顔を見たのは 本当に久しぶりで、それだけで幸せな気分になるB君。

 

 

沙依

「もう先生ったらぁ」

 

 

教授

「あのときの君の反応はちょっとな ははは B君にも見せてあげたかったよ」

 

 

『沙依が元気になったのならそれだけで良かった』

と顔を紅潮させて上機嫌な彼女を前に安堵するB君なのでした。

 

 

これが ”最後のチャンス” だったのに―――。

 

 

沙依ちゃんの部屋で結ばれたあの日から、2人の関係は深まっていました。

 

 

沙依ちゃんは、教授に進んで抱かれるようになっていました。

 

 

そして B君は、もはや ”スリルをかきたてる存在” でしかなくなっていたのです。

 

 

何回もわざと、B君の近くで教授との行為に耽りました。

 

 

それでも一向に気づく様子のない 彼の純朴さに呆れに似た感情をいだくようになっていました。

 

 

――B君ごめんね

 

 

そして数日後…。

 

 

教授と温泉にきている沙依ちゃん。

 

 

B君には 研究の研修旅行と言ってあります。

 

 

そこは貸し切りの露天風呂で 沙依ちゃんと教授しかいませんでした。

 

 

教授は自然と後ろから抱きつき 入れてきます。

 

 

二人の関係は、恋人のようになっていました。

 

 

沙依

「あん だめですよ 先生こんなところで♡」

 

 

教授

「こんな君の姿をみて、ガマンできるわけないだろ」

 

 

「女子大生と教授(と僕)のありがちな 」4話の感想

 

 

完全に 身も心も教授に堕ちちゃいましたね…。

 

 

酔って弱みを見せたのも、教授の作戦な気すらします。

 

 

ただ…うーん…客観的に見ると、この教授と いい仲になっても不幸になる気がするんですが…。

 

 

B君の方がマシなんじゃないかなぁ…。

 

 

B君はB君で優しいだけだけど…。

 

 

次話は「その夜 彼女の全てが教授のものになった」

 

 

さらに何かを 教授に奪われるんですね…。

 

 

 続きはコチラ 

 

 

 

「無料立ち読み」はコチラ

↓   ↓   ↓

ガマンは、カラダに禁物♡

 

【DMMコミック】同人:女子大生と教授(と僕)のありがちな SP/PC

 

-チンジャオ娘×達磨さん転んだ 作品, 女子大生と教授(と僕)のありがちな

Copyright© チンジャオ娘ネタバレ天国:エロ漫画全作品のあらすじを無料試し読み , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.