チンジャオ娘×達磨さん転んだ 作品 女子大生と教授(と僕)のありがちな

女子大生と教授(と僕)のありがちな 3話ネタバレ無料試し読み

投稿日:

 

 

『女子大生と教授(と僕)のありがちな』をネタバレします♡

 

 

 前回はコチラ 

 

 

 

「無料立ち読み」はコチラ

↓   ↓   ↓

ガマンは、カラダに禁物♡

 

【DMMコミック】同人:女子大生と教授(と僕)のありがちな SP/PC

 

 

 

第3話 あらすじネタバレ
「久しぶりのデートはきっと上手くいくはずだ」

 

 

やはり 沙依ちゃんにまとわりつく暗さが抜けないことを感じるB君。

 

 

最近あまり笑顔も見なくなったことに、さすがのB君も不安になってきました。

 

 

B君

「今度どこか行こうよ 最近デートもできてなかったし」

 

 

沙依

「えっ…うん」

 

 

心配してデートに誘うB君。

 

 

健気ですね…。

 

 

B君

「いい店知っているんだ この前 友達と――」

 

 

この誘いは思いのほか正解で、一緒に予定を立てていくうちに 沙依ちゃんの顔がちょっと明るくなった気がしました…。

 

 

デート当日、B君とのデートは久々に楽しい時間で、教授を忘れることができたと思われた沙依ちゃん。

 

 

以前の日々が、どんなに穏やかだったのかと思いだします。

 

 

―――しかし…!!

 

 

沙依

「…本当にごめんね、急な用事ができちゃってゴハン一緒にできなくなっちゃった…」

 

 

B君

「えっ?うん……急用なら仕方がないね」

 

 

B君の残念そうな顔をあとに、あるところに向かう沙依ちゃん。

 

 

K教授

「さぁ目を背けずによく見てごらん 自分がどんだけいやらしいかを」

 

 

沙依

「えっ… いやっ! こんなの嫌です」

 

 

教授に呼び出されていた沙依ちゃん。

 

 

B君の代わりに教授と夕食をとり、そのまま高層のホテルへ泊まります。

 

 

そこで教授は プレゼントをくれました。

 

 

それは卑猥な下着でした。

 

 

しぶしぶ着ると、教授は沙依ちゃんを後ろから抱きかかえて 窓ガラスの前に連れて行かれます。

 

 

沙依ちゃんの全身を反射して映します。

 

 

秘部の透ける恥ずかしい格好の沙依ちゃんを…。

 

 

沙依

(こんな大きなモノが 私の中に入っていたなんて)

 

 

羞恥に身悶えする沙依ちゃんを 教授は押さえつけます。

 

 

目に涙を浮かべ耳まで真っ赤になる沙依ちゃんを見て、教授のモノが大きくなっていきます。

 

 

教授

「B君と比べて どうだい?」

 

 

沙依「そ そんなの…!!」

 

 

教授

「ハハハ 君たちはまだプラトニックな関係だったね」

 

 

わかってて言ってる教授、相変わらず性格が悪い…。

 

 

―――ズチュ…!!

 

 

下着をずらし ゆっくりと沙依ちゃんの中に沈めていく教授。

 

 

沙依ちゃんのアソコは 難なく飲み込んでいきます。

 

 

その様をつぶさに見せられたせいか、愛液が多く溢れる沙依ちゃん。

 

 

教授

「ちゃんと見るんだ 君のマ●コが 私のチ●コを飲み込んでいくところを」

 

 

沙依ちゃんはあまりの生々しさに顔をそむけますが、強制的に前を向かされます。

 

 

沙依

「うぅ…ふあぁぅ」

 

 

教授「そんな いやらしい顔するようになるなんてな ずいぶんいけない娘になったものだ」

 

 

―――ヂュブ ヂュブ

 

 

叱るように、沙依ちゃんの中をピストンする 杭のような教授の○茎。

 

 

その刺激に否応なしに反応し、さらに愛液をトロトロと流し出します。

 

 

沙依

(――こんなのいやぁ)

 

 

ガラスには、髪を振り乱しながらあえいでいる女の子が映っています。

 

 

それが現実を否応なしにつきつけます。

 

 

ふと、我に返って振りほどこうとしまが…。

 

 

教授

「くっ 今日は興奮しているのか 締め付けがすごいな」

 

 

そんな沙依ちゃんを屈服させるように、激しくします。

 

 

そうして 中に精を放つのでした。

 

 

教授

「そろそろいくぞ…!」

 

 

―――ドピュ ドピュ ドピュ

 

 

精○と愛液が、二人の結合部から溢れ出します。

 

 

 

 

 

「無料立ち読み」はコチラ

↓   ↓   ↓

ガマンは、カラダに禁物♡

 

【DMMコミック】同人:女子大生と教授(と僕)のありがちな SP/PC

 

 

 

教授のモノがぽとりと抜け 塊のような精○がこぼれてきます。

 

 

ガラスに映る女性は 恍惚とした表情をしていました。

 

 

沙依

「うぅ… はぁ ふぅ――ふぅ――」

 

 

沙依

(なんでこんなひどいことされているのにこんなに気持ちよさそうなの?)

 

 

教授のテクニックが、それはそれはすごいんでしょうね…。

 

 

またある日、ゼミの飲み会のあと「私が送ろう」と言う教授に沙依ちゃんは車に乗せられました。

 

 

沙依

「そんな…こんな場所で…」

 

 

送ってくれるだけではなく、当然のように行為を要求してきます。

 

 

「車の中のセッ○スなんて」と沙依ちゃんは思いましたが、
「部屋に上がらされてそこでされるよりは…」と思い、と教授の言うことを聞くことにします。

 

 

教授にまたがり自ら腰を振っている沙依ちゃん。

 

 

狭い車内はすぐに性の匂いで充満し、いつも以上に水音が響きます。

 

 

誰かに気づかれないか、気が気じゃない沙依ちゃんです。

 

 

教授

「ふふ…今日はとても積極的じゃないか」

 

 

沙依

「だって…こうしないと先生帰ってくれないから…」

 

 

ふと窓の外に視線を移すと、B君が沙依ちゃんのマンションの前に立っていました。

 

 

B君と沙依ちゃんの間にはガラスが1枚あるだけなので、目を凝らせば気づいてしまうでしょう。

 

 

沙依

(うそっ なんで――)

(もしかして 私の帰りが遅いのを心配して!?)

 

 

狼狽を抑えようとする沙依ちゃんですが、すぐに教授にばれてしまいます。

 

 

すがるような目で教授を見つめますが、何を考えているかはすぐにわかります。

 

 

もう沙依ちゃんにできるのは、B君が気づかないことを祈ることだけでした。

 

 

沙依

(お願い…こっちを見ないでっ…)

(こんなところB君に見られたら…)

 

 

教授

「…どうしたんだい突然?あぁ これは面白い偶然だな」

 

 

教授は止まっている沙依ちゃんのお尻を 鷲掴みに動かしはじめ、車が軋む音がします。

 

 

沙依ちゃんは あえぎ声をなんとか抑えました。

 

 

沙依

「やぁっ…!動かさないで…くださいぃ」

 

 

教授

「気づかれたくなかったら しっかりしがみつきたまえ 顔が見えないようにね」

 

 

教授の気遣い…? いや、ここでバラすのは 良いタイミングじゃないと思ったのでしょうね。

 

 

沙依ちゃんは もはや教授の言う通りにするしかありませんでした。

 

 

身体はいつも以上に快楽を感じて、沙依ちゃんは無意識に自分で腰を使っていました。

 

 

二人の打ち付ける肉の音が小刻みに早くなり ついには私たちは同時に達しました。

 

 

―――ドビュドビュ!!

 

 

沙依

(B君っ…B君っ)

 

 

教授

(この娘…もう本気で嫌がっていないな)

 

 

B君は、ギシギシと揺れている車を いぶかしげに見た後、離れるようにどこかに行きました。

 

 

快楽の余韻からか、教授の催促に素直に応じて貪るようにディープキスをし、そして再び自ら腰を動かし始めました。

 

 

沙依

「あーー はひ ……あ~~」

 

 

沙依

(B君の前でまた私… ごめんね B君…)

 

 

「女子大生と教授(と僕)のありがちな」3話の感想

 

 

物語的というかなんというか、優しいB君と、そこにまだすがりたい沙依ちゃん、

そして それを屈服させようとする教授という図式が鮮明になってきましたね。

 

 

私、個人的にはB君を応援したい気持ちが強いのですが、これは勝ち目は…。

 

 

B君、優しくていい彼氏なんだけどな…。

 

 

教授のオスとしての強さがなぁ…(笑)

 

 

次話は「変わっていく彼女、取り残される僕」

 

 

ああ…B君…取り残されてしまうんですね…。

 

 

 続きはコチラ 

 

 

 

「無料立ち読み」はコチラ

↓   ↓   ↓

ガマンは、カラダに禁物♡

 

【DMMコミック】同人:女子大生と教授(と僕)のありがちな SP/PC

 

エロ漫画やアニメをネタにして

”月収50万円”以上稼ぐ手法を無料公開中!

   

今だけ3万円相当のプレゼント進呈!

   

-チンジャオ娘×達磨さん転んだ 作品, 女子大生と教授(と僕)のありがちな

Copyright© チンジャオ娘ネタバレ天国:エロ漫画全作品のあらすじ , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.