人をだめにするちょいブス

人をダメにするちょいブス 9話(最終話)ネタバレ&無料試し読み

投稿日:

 

 

『人をダメにするちょいブス~顔40点、身体120点の彼女~』をネタバレします♡

 

 

 前回はコチラ 

 

 

 

「無料立ち読み」はコチラ

↓   ↓   ↓

ガマンは、カラダに禁物♡

 

BookLiveコミック【AC】人をダメにするちょいブス(話追加版のLPになります)※スマホ専用

 

 

 

第9話 あらすじネタバレ
ちょいブス、それはまるで底なし沼のように…

 

 

祥子

「ただいま~」

 

 

スーツ姿の祥子ちゃんが帰宅すると…?

 

 

祥子

「!」

「拓巳さん」

 

 

拓巳

「おー…遅かったじゃん」

「おかえりー…」

 

 

そこにはだらしない姿でお酒を飲んでいる拓巳君の姿がありました。

 

 

祥子

「ごめんなさい 仕事が長引いちゃって…」

「って あ!またこんなお酒飲んで…」

「体に良くないですよぉ!もう…」

 

 

拓巳

「しょうがないじゃん」

「祥子が遅いから腹減っちゃってさ」

 

 

祥子

「お洋服も脱ぎっぱなしで…」

「片付けちゃいますよ」

「すぐお夕食作りますから 待っててくださいね」

 

 

結局就職活動に失敗した拓巳君は就職浪人という名のヒモになっていたのでした。

 

 

そしてスーツ姿で甲斐甲斐しく世話をしてくれる祥子ちゃんをマジマジと見る拓巳君。

 

 

その姿に興奮して来た様で…?

 

 

拓巳

「祥子 こっち」

 

 

祥子

「え?」

 

 

―――ビリビリ ビリィィーー!

 

 

祥子

「きゃあっ」

 

 

拓巳君は祥子ちゃんのパンストを破り始めます。

 

 

拓巳

「うるさい 黙ってヤラせろ…!」

 

 

祥子

「ヤラせ… だ だめですよ!それはお風呂のあとに…」

「ああっストッキングが…!」

 

 

拓巳

「…くそっ こんなエロいケツしてピチピチのスーツ着やがって…!」

「会社でオヤジ共にセクハラとかされてねぇだろうな!?」

 

 

祥子

「そ…そんなわけ…ああん」

 

 

拓巳

「本当か!?」

「ならなんでもう濡れてるんだ?」

「まさか帰りながら俺のチ○ポ想像してたのか?」

 

 

祥子

「そ…それは…」

 

 

―――パン パン パン!!

 

 

そしてそのまま拓巳君は破ったパンストの穴から祥子ちゃんに挿入します。

 

 

拓巳

「ったくスケベな声出しやがって…」

「このっ!」

「地味で真面目な新卒ちゃんが」

「帰宅してすぐチ○ポ咥えこんでヨガってるなんて」

「会社の上司が知ったらどう思うだろうな!」

「この淫乱め!」

 

 

祥子

「ああ!」

「そんなこと言わないでぇ…!」

 

 

拓巳

「オラ!中で出すぞ!」

「気合入れて絞めろ!」

 

 

―――ズン ビュッ!

 

 

拓巳

「ッッら!!」

「一番奥だッ…!」

 

 

―――ドクン ドク ドク トロォ――!

 

 

拓巳

「ふぅ~~…」

 

 

そして拓巳君はまだまだ終わりません。

 

 

 

「無料立ち読み」はコチラ

↓   ↓   ↓

ガマンは、カラダに禁物♡

 

BookLiveコミック【AC】人をダメにするちょいブス(話追加版のLPになります)※スマホ専用

 

 

 

―――グポグポ ビュク ビュビュッ!

 

 

拓巳

「ああ…いいぞ…すっかり喉までマ○コになったな…」

「うっ‥‥」

「飲みこめ…全部!」

 

 

祥子ちゃんに咥えさせ、そしてそのまままた射○します。

 

 

拓巳

(ああ…まただ)

 

 

―――ドチュ

 

 

拓巳

「ったく エロい顔しやがって…!」

「どんだけチ○ポが好きなんだよ」

「また立ってきちゃったじゃねぇかおら!」

 

 

祥子ちゃんの『エロい顔』に触発され、また祥子ちゃんを犯す拓巳君。

 

 

拓巳

(分かってるんだ俺だって…このままじゃダメなんてことは)

(でもこうしてセッ○スしていると…なんかもう全部どうでも良くなっていく)

(もし相手がもっと美人だったら俺は捨てられないために努力しただろう)

(でも…祥子ならきっと俺がどんなにダメになっても)

(こうしてセッ○スさせてくれる 俺を許してくれる)

 

 

―――ギシギシ

 

 

拓巳

(沈みこんでいくみたいだ…この柔らかい肉に…)

 

 

祥子

「拓巳さん」

「なんでもしますからぁ」

「ずっと…ずっと一緒にいて…」

 

 

拓巳

(飲み込まれて…とろけて…)

(抜け出せない―)

 

 

祥子

「ンアアア!たくみひゃああぁんんっ!!」

 

 

―――ビュウゥ――ッ!どぷん!

 

 

拓巳

(祥子っ!!)

 

 

そしてそのまま中に出しながら拓巳君は自覚します。

 

 

拓巳

(ああ…)

(俺はもうダメだ)

 

 

―――ブチュゥゥ

 

 

拓巳

(そうだ…なんて言ったっけ)

(こいつ…あれみたいだな…)

(そう…)

(人を…ダメにする……)

 

 

そして…。

 

 

祥子

「それじゃあ―)

「行ってきますね」

「拓巳さん」

「朝ごはんはラップかけてありますから」

 

 

仕事に行く祥子ちゃんを見送った拓巳君は祥子ちゃんがゴミを出し忘れてることに気づきます。

 

 

拓巳

「しょうがないこれ位俺がやるか…ん?」

 

 

そこで見つけたのは妊娠検査薬。

 

 

拓巳

(えっ こ これって…まさか………)

(ああ…そりゃそうだよな…あんだけ生でやってりゃ…)

(っておいおいどうすんだよ…)

(ガキができたって無職の俺に養えるわけ…)

(逃げちまうか?)

 

 

祥子ちゃんとといたらドンドンダメになることもありこのまま逃げてしまおうかと頭によぎる拓巳君。

 

 

拓巳
(ブスのくせにエロすぎるあいつが悪いんだ!)
(だから…俺は…)

 

 

―――カァー カァー ブロロ…

 

 

夕日の中、家の扉の前、スーツ姿で佇む一人の男。

 

 

(もう一年以上前のことだ)

(俺は「人をダメにするブス」とでも言うべき女と付き合っていた)

(でも今)

 

 

―――ガチャ

 

 

(俺のそばにそんなブスなんていない)

 

 

女性

「あ…」

「おかえりなさい あなた」

 

 

拓巳

(だって彼女は俺にとって)

 

 

拓巳

「ただいま」

「祥子」

 

 

そう、赤ちゃんを抱えた祥子ちゃんが拓巳君を出迎えるのでした。

 

 

拓巳

(最高の美女なんだから)

 

 

~END~

 

 

「人をダメにするちょいブス~顔40点、身体120点の彼女~ 」第9話の感想

 

 

ドンドンダメになっていった拓巳君でしたが、最後赤ちゃんが出来た事で立ち直ったんですね…!

 

 

チンジャオ娘さん作品はバッドエンドなお話が多いので、こういった結末を迎えるのは結構意外でした。

 

 

私個人的にはバッドエンドで終わるよりハッピーエンドの方が好きなので、こういった結末はとても嬉しかったです。

 

 

さて、全体の感想ですが、やはり作品としてはヒロインがだいぶ癖が強いので 好きな人はだいぶ選ぶと思います。

 

 

ですが、祥子ちゃんのリアリティのある感じ、そして何より見た目以外はとことん男性を甘やかしてくれる感じがハマる人には相当ハマるのではないでしょうか?

 

 

本当に祥子ちゃんみたいな感じの見た目の女性っていますよね(笑)

 

 

表紙を見て「あっこれダメだ」という方にはあれかも知れませんが、表紙見て「いけるかも…」と思った方は一度手に取っていただければと。

 

 

もしかしたら家宝になるかも知れませんよ!

 

 

↓ちょいブスに会いにイク!!↓

 

「無料立ち読み」はコチラ

↓   ↓   ↓

ガマンは、カラダに禁物♡

 

BookLiveコミック【AC】人をダメにするちょいブス(話追加版のLPになります)※スマホ専用

 

 

-人をだめにするちょいブス

Copyright© チンジャオ娘ネタバレ天国:エロ漫画全作品のあらすじ , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.