人をだめにするちょいブス

人をダメにするちょいブス 4話ネタバレ&無料試し読み

投稿日:

 

 

『人をダメにするちょいブス~顔40点、身体120点の彼女~』をネタバレします♡

 

 

 前回はコチラ 

 

 

 

「無料立ち読み」はコチラ

↓   ↓   ↓

ガマンは、カラダに禁物♡

 

BookLiveコミック【AC】人をダメにするちょいブス※スマホ専用

 

 

 

第4話 あらすじネタバレ
ちょいブスはセックス中の顔がエロくてヤルだけなら最高の女

 

祥子

「せ せめてシャワーを…っ」

 

 

そう言う祥子ちゃんに対して、股間への愛撫をしていた拓巳君は…。

 

 

拓巳

「いいよ めんどいし ぱぱっとヤっちゃおうよ」

 

 

―――スル…

 

 

拓巳

「こんな可愛い下着はいちゃって」

「やっぱり期待してたじゃん」

 

 

―――ギシ ギシ

 

 

拓巳君が強引に押し倒し、部屋にベッドがきしむ音が響きます。

 

 

祥子

「た…っ」

「たくみさん…っ」

 

 

―――パチュ パチュ

 

 

祥子

「たくみさ…っん」

「だめぇ…っ」

 

 

クーラーをつけずに汗だらだらで交わる二人。

 

 

拓巳

(そういえば前の彼女は)

(シャワーしないと絶対Hさせてくれなかったっけ)

 

 

祥子

「ああっ」

「わたし…もう…っ!」

 

 

―――ギュウウウ…!

 

 

拓巳

(おぉ~…)

(マ○コ締まるぅ~)

 

 

絶頂し、締め付けてくる祥子ちゃんのマ○コに拓巳君は顔をトロけさせます。

 

 

拓巳

(それにしても今日のセッ○スは安く済んだなぁ…)

(ランチだけでホテル代もいらないとか)

「次は一緒にイこうか」

「ね?いいよね?祥子ちゃん…」

 

 

そしてイッた恥ずかしさからか顔を隠してしまってる祥子ちゃんの顔を覗き込みます。

 

 

拓巳

「顔見せて……うわ」

「エロ…ッ!」

 

 

顔見た興奮そのままにさらにギシギシとベッドを軋ませる音を加速させる拓巳君。

 

 

拓巳

「イク?イクの?」

 

 

祥子

「も… だ ダメ…ッ」

 

 

拓巳

「俺もイキそ……っ」

「一緒にイクよ 祥子ちゃんッ」

 

 

―――キュン キュン

 

 

拓巳

「祥子…ッ」

「祥子…ッ」

 

 

―――ビュゥゥゥ

 

 

二人は一緒にイクと祥子ちゃんがギュウウウ…と拓巳君を抱きしめるのでした。

 

 

拓巳

「…… 気持ちよかったぁ~」

「めっちゃ出た…」

(さて 後はこの状況からどう別れ話を切り出すか―……)

 

 

拓巳君がそう思っていると…?

 

 

祥子

「あの 拓巳さん…」

「今日はありがとうございました」

 

 

拓巳

「え」

 

 

祥子

「私 憧れだったんです …その恋人ができたらデートで…」

「お お部屋に行ってみたいって……」

 

 

そう言ってくれる祥子ちゃんに拓巳君は暫く間を置いて…。

 

 

拓巳

(…まぁこいつ身体とコスパいいし)

(もっといい女が見つかるまで別れないでもいいか)

「ごめん もう一回…」

 

と保留するのでした。

 

 

 

 

「無料立ち読み」はコチラ

↓   ↓   ↓

ガマンは、カラダに禁物♡

 

BookLiveコミック【AC】人をダメにするちょいブス※スマホ専用

 

 

 

そしてこの日以来、2人の「デート」は基本拓巳君の部屋になりました。

 

 

拓巳

(ヤリたくなったら呼ぶと来てくれる…)

(デートっていうかデリヘルみたいだなこれ しかも無料の……)

 

 

とある雨の日の今日も祥子ちゃんを呼び出しますが…。

 

 

拓巳

「しまった…!」

「この前ので使い切ってたのか」

 

 

ゴムがないことに気づきます。

 

 

慌てて買いに行くかどうか悩みますが、雨の中買いに行くのを躊躇する拓巳君。

 

 

すると、祥子ちゃんがインターホンを鳴らし、拓巳君はそのまま玄関で出迎えます。

 

 

―――ガチャ

 

 

祥子

「ぁ…たくみさん」

「こんにちは…」

 

 

―――ギュッ

 

 

玄関で祥子ちゃんを抱きしめる拓巳君。

 

 

拓巳

「祥子ちゃん」

 

 

祥子

「あ…拓巳さー…!」

 

 

そのままモミモミとお尻を触り始め、部屋に向かいながら服を脱がせてすぐにエッチを始めるのでした。

 

 

祥子

「え!?」

「た たくみさんあの…コンドームを――」

 

 

拓巳

「ああごめん 切らしちゃってたんだ」

「今日は生でシてみない?」

 

 

祥子

「えっ!?」

「だ ダメですよ そんなの……!」

 

 

拓巳

「でも雨の中買いに行くのもダルイしさ」

「ここまできてやめられないよね?」

「大丈夫!中で出さなきゃいいんだし」

「絶対外で出すよ!」

「約束するから!…ねっ?」

 

 

強引に押し通そうとする拓巳君ですが…?

 

 

~つづく!~

 

 

「人をダメにするちょいブス~顔40点、身体120点の彼女~」第4話の感想

 

 

徐々に…ではありますが、拓巳君の心が祥子ちゃんに向き始めていますね。

 

 

祥子ちゃん、確かに顔はちょっとあれかも知れませんが仕草とか押しに弱い所とかとても可愛らしい子なので、拓巳君もその内身体だけじゃなくて祥子ちゃんの内面にちゃんと惹かれてくれるんじゃないかな?とか勝手に思っています(笑)

 

 

でも、タイトルが「人をダメにする」ですから、惹かれ方も普通じゃなかったりするのでしょうか…?(笑)

 

 

そして、後半ではゴム切れからの生でのエッチに持ち込もうとする拓巳君。

 

 

頼み込んでる所で今話は終わってしまいましたが…まあ受け入れちゃうんでしょうね…祥子ちゃん…(笑)

 

 

次回、生でのエッチからどんなプレイに発展するのか…楽しみです!

 

 

 続きはコチラ 

 

 

 

「無料立ち読み」はコチラ

↓   ↓   ↓

ガマンは、カラダに禁物♡

 

BookLiveコミック【AC】人をダメにするちょいブス※スマホ専用

 

 

-人をだめにするちょいブス

Copyright© チンジャオ娘ネタバレ天国:エロ漫画全作品のあらすじ , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.