人をだめにするちょいブス

人をダメにするちょいブス 3話ネタバレ&無料試し読み

投稿日:

 

 

『人をダメにするちょいブス~顔40点、身体120点の彼女~』をネタバレします♡

 

 

 前回はコチラ 

 

 

 

「無料立ち読み」はコチラ

↓   ↓   ↓

ガマンは、カラダに禁物♡

 

コピペ&サイト内検索⇒【 ちょいブス 】

 

BookLiveコミック【AC】人をダメにするちょいブス※スマホ専用

 

 

 

第3話 あらすじネタバレ
ちょいブスは惚れた男に従順でヤリたい時にヤリまくれる

 

 

―――ドキドキドキ

 

 

シャワーを浴びる前に裸になった祥子ちゃんのエロボディをじっくり観察する拓巳君。

 

 

拓巳

(見られて興奮してる…?こいつMっ気があるのか?)

(とりあえず確かなのは)

(こいつは性格の割に結構スケベだって事と)

 

 

――――ギシギシギシギシギシギシギシ

 

 

拓巳

(ヤッてる最中何度も俺の名前を叫んでた)

(こんなブスでも悪い気はしない)

(むしろ少しだけ可愛く思えてくる)

 

 

拓巳

「気があるのバレバレだったよ?誘われるの待ってたでしょ」

 

 

S気を前面に出して反応を楽しみつつ、それから2時間ほど拓巳君は祥子ちゃんを抱き続けたのでした。

 

 

そして…。

 

 

拓巳

「しっかりキレイに舐めるんだぞ」

 

 

シャワーを浴びながらおち○ちんを舐めさせる拓巳君。

 

 

拓巳

「いいよ もう感じるところ分かってきてるね 俺のチ○ポデカいっしょ」

 

 

祥子

「は…はい…」

 

 

祥子ちゃんの丁寧なフ○ラチオに蕩けた顔になる拓巳君。

 

 

拓巳

(前の彼女はしてくれなかったお掃除フ○ラ…)

(こいつは嫌な顔せずにしてくれる)

 

 

―――レロレロ レロレロレロ

 

 

拓巳
(うお…イク!)
「射○るっっ…!!」

 

 

―――ビュウウウ―~!!

 

 

拓巳君はそのまま祥子ちゃんの口の中に射精します。

 

 

そして…。

 

 

拓巳

「もっかいベッドでしていい?」

「パイズリしてほしいんだけど」

(顔以外は120点の女か―)

 

 

―――タパン タパン!タパン!

 

 

拓巳

(ネットやなんかでたまに話題になるよな………)

 

 

祥子

「あの…どうでしょうか」

 

 

そんな事を考えながら祥子ちゃんにパイズリをしてもらう拓巳君。

 

 

拓巳

「う…ん 超気持ちいい…‥おふ!」

 

 

―――ピュル!!

 

 

そして敢え無く射精してしまう拓巳君なのでした。

 

 

―――ズン!ズン!ズン!

 

 

また祥子ちゃんを突きまくる拓巳君。

 

 

拓巳

(ブスのくせに一皮剥いたら簡単にイキまくるスケベ体質)

(全部こいつの事だな)

 

 

―――ビュウウーー!ビュ!ビュッ!

拓巳
「…ふーぅ………」
「とうとうゴムも無くなっちゃったか―…」
「…お!」

―――ビクン

 

 

拓巳

「もぉ…祥子ちゃんてば」

(少なくともこいつのおかげで)

「飲んだの?」

 

 

―――ギュウーー…

 

 

拓巳

(今日は最高の一日になった)

 

 

そして…。

 

 

拓巳

「ありがとね 祥子ちゃん」

 

 

 

「無料立ち読み」はコチラ

↓   ↓   ↓

ガマンは、カラダに禁物♡

 

コピペ&サイト内検索⇒【 ちょいブス 】

 

BookLiveコミック【AC】人をダメにするちょいブス※スマホ専用

 

 

 

というわけで拓巳君は祥子ちゃんと付き合うことになったわけですが…。

 

 

初デート開始30分。早くも後悔し始めていたのでした。

 

 

拓巳

(くそ…)

(あの日性欲に負けた俺をぶん殴りてぇ…)

 

 

周りの男性が連れている女性がみんな祥子ちゃんより美人に見えて敗北感を感じる拓巳君。

 

 

すれ違う他のカップルに笑われたのではないか?とまで思ってしまいます。

 

 

拓巳

(…よし)

(やっぱり別れよう)

 

 

告白は勘違いだったことにして別れようと決意する拓巳君ですが…?

 

 

拓巳

(でも… 抱き心地は最高だったんだよなぁこいつ…)

 

 

そこで揺らぐ拓巳君は…。

 

 

拓巳

(どうせ別れるならその前にもう一発ヤっときたい……)

 

 

拓巳君は今いる喫茶店を出て、人目につかないところ、また暗くて祥子ちゃんの顔が目立たない映画にでも誘おうとしますが…?

 

 

祥子

「……」

「あの…それでしたら」

「私…拓巳さんのお部屋」

「見てみたいです…」

 

 

拓巳

(…マジ?俺んち?)

(すげーラッキーじゃん!)

 

 

そして、拓巳君の部屋へ着いた二人。

 

 

拓巳

「俺の家選んだってことはやっぱり」

 

 

祥子

「…はい」

 

 

拓巳

「この前の続き 期待してるんだよね」

 

 

祥子

「え?」

「きゃ…っ」

 

 

―――ガタンッ

 

 

早速拓巳君は祥子ちゃんを押し倒し、エッチに持ち込もうとします。

 

 

祥子

「ま 待って拓巳さん…私そんなつもりじゃ…っ」

 

 

―――くちゅくちゅ

 

 

祥子

「せ せめてシャワーを…っ」

 

 

そう言う祥子ちゃんに対して、股間への愛撫をしていた拓巳君は…。

 

 

拓巳

「いいよ めんどいし ぱぱっとヤっちゃおうよ」

 

 

―――スル…

 

 

拓巳

「こんな可愛い下着はいちゃって」

「やっぱり期待してたじゃん」

 

 

パンツを脱がせながらそう言うのでした。

 

 

~つづく!~

 

 

「人をダメにするちょいブス~顔40点、身体120点の彼女~」第3話の感想

 

 

前半のホテルでのエッチラッシュ凄かったですね…!

 

 

冒頭も冒頭のエロボディ観察と称した祥子ちゃんの身体の描写ですが、思った以上にだらしない体型ではありますが、左の胸にホクロがあったり、細かい所にエッチさが

 

 

表現されており、芸が細かいなとちょっと感心しました。

 

 

そして、そこから祥子ちゃんの身体に堕ちに堕ちるかと思いきや…ですね(笑)

 

 

最後に1回エッチして捨てるつもり満々の拓巳君ですが…果たしてもう一度その身体を味わって捨てられるのでしょうか?(笑)

 

 

次回が楽しみです!

 

 

 続きはコチラ 

 

 

 

「無料立ち読み」はコチラ

↓   ↓   ↓

ガマンは、カラダに禁物♡

 

コピペ&サイト内検索⇒【 ちょいブス 】

 

BookLiveコミック【AC】人をダメにするちょいブス※スマホ専用

 

 

-人をだめにするちょいブス

Copyright© チンジャオ娘ネタバレ天国:エロ漫画全作品のあらすじ , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.