温泉姉妹と野球部員~三日三晩の接待合宿~

チンジャオ娘 温泉姉妹と野球部員 7話ネタバレ無料試し読み

投稿日:

 

 

『温泉姉妹と野球部員~三日三晩の接待合宿~』をネタバレしちゃいます♡

 

 

 前回はコチラ 

 

 

 

「無料立ち読み」はコチラ

↓   ↓   ↓

コピペ&サイト内検索⇒【  温泉姉妹と野球部員  】

 

ガマンは、カラダに禁物♡

 

ハンディコミック[温泉姉妹と野球部員]※スマホ専用

 

 

第7話 あらすじネタバレ
「後輩君の極太でエグられイキまくる姉」

 

 

今日は宴会場で 野球部の相手をしている姉妹。

 

 

エッチなことをされてしまうのではないかと怯えていましたが、連日の練習の疲れでそんな気力もないのか「特に何事もなく帰れる」と思っていた瞬間でした。

 

 

先輩

「てめぇ健太 童貞の癖にイキってるんじゃねー!」

 

 

健太

「お言葉を返すようですが ど、童貞と野球の実力は関係ないじゃないですか!!」

 

 

ケンカを始める先輩後輩。

 

 

監督

「なんだ、なんだお前ら。ケンカかー?」

 

 

そこに割って入る監督。

 

 

こういう所は監督らしいですね。

 

 

監督

「それならば」

「どちらか先に女をイカせられるか勝負するんじゃーっ!」

 

 

この監督らしいですね(笑)

 

 

監督

「お前らは童貞童貞と馬鹿にするが コイツの素質を分かってない!!」

 

 

後輩君、監督曰く何かしらの素質があるようです。

 

 

普通の会話ならば野球の資質でしょうが、この監督の言うことです、きっと性的な何かがあるんでしょうか…(笑)

 

 

ちなみに周囲の部員どころか 本人もわかっていない様子。

 

 

監督

「おい、健太。ワシと一緒にヤルぞ」

 

 

スポーツマンガによくある展開ですね…。

 

 

一つ違うのはこっちはエッチな展開ということですが…(笑)

 

 

監督

「真剣三回勝負っ!ばちこーいっ!」

 

 

ということで姉妹は無事には帰れずに野球部の勝負に使われてしまうのでした…w

 

 

先輩部員達は妹ちゃんを、後輩と監督はお姉ちゃんをイカせます。

 

 

外野

「監督ムダっすよ! 健太の奴 風呂場でも緊張して何もできなかったんだから。」

 

 

ああ、あの時健太君は参加できなかったんですね。

 

 

外野

「なぁ健太?部員で童貞なのぉ前だけだぜ?」

 

 

きっとここに来る前は 何人かいたんでしょうけどね…(笑)

 

 

そんなことを言われてもまだ躊躇する健太君。

 

 

「健太君」

「お願い、ヤメテ」

 

 

監督に剥かれた状態 でお姉ちゃんにこんなことを言われた健太君。

 

 

健太

「ごめんなさーい!!」

 

 

お姉ちゃんのおま●こにしゃぶりつきます。

 

 

先輩

「俺のクリ吸い、みせてやるぜっ!」

 

 

健太君に負けじと 妹ちゃんを責める先輩。

 

 

監督の援護射撃を受けながら賢明にお姉ちゃんを責める健太君ですが、先輩のクリ吸いでイってしまう妹ちゃん。

 

 

一本取られてしまいます。

 

 

監督

「健太イチモツを出せ!」

 

 

技術には勝ち目がないと言う監督。

 

 

健太君におち●ち●をお姉ちゃんにぶち込んで形勢逆転をはかる様に促します。

 

 

しかしそこは 童貞でチキンの健太君。

 

 

健太

「む、無理ですよ!そんな! 僕まだ経験ないですし!」

 

 

そんなことを言い出してしまいます。

 

 

 

「無料立ち読み」はコチラ

↓   ↓   ↓

コピペ&サイト内検索⇒【  温泉姉妹と野球部員  】

 

ガマンは、カラダに禁物♡

 

ハンディコミック[温泉姉妹と野球部員]※スマホ専用

 

 

 

先輩

「無理言っちゃいけませんぜ監督。こいつ童貞なんだから 入れる穴も分かんないですよ!」

 

 

さらにバカにされる健太君。

 

 

ここまで言われて引き下がるわけにはいきません。

 

 

挿入することを決意します。

 

 

 

―――ググ…

 

――びょーん

 

 

 

そうです、健太君、巨根だったのです。

 

 

勃起した巨根をお姉ちゃんに挿入する健太君。

 

 

穴は間違えずに ちゃんと入れることが出来ました(笑)

 

 

健太

「あ、あったかい~ ぼ、僕のチ●ポが咲ちゃんの体に包まれてるぅ」

 

 

よくよく考えたらちゃんと名前呼んであげる子、健太君だけですね(笑)

 

 

「こんなの反則だよぉ」

 

 

やっぱり巨根の力は凄まじく、お姉ちゃん、もうイってしまいそうです。

 

 

監督

「今だ!健太!!フィニッシュ!!」

 

 

その掛け声で 健太君は腰の動きを速め射精します。

 

 

「あ゛あ゛あ゛あ゛」

(出てる すごい量のせ●しでてる…)

 

 

お姉ちゃんイっちゃいました。

 

 

監督

「まずは一回。これでまた勝負は振り出しに戻った。」

 

 

健太

(セ●クスきもちいい…)

(もっともっとしたい!)

 

 

(う、うそ!?)

(わ、私の中で また大きくなってるぅ・・!?)

 

 

「温泉姉妹と野球部員~三日三晩の接待合宿~ 」7話の感想

 

 

エッチはエッチなんですが、なんかコミカルなお話でした(笑)

 

 

完全にスポーツマンガのよくある展開のパロディですね。

 

 

ただ、健太君は可愛いですね(笑)

 

 

健太君とお姉ちゃんのエッチもいわば凌辱なのですが、何か微笑ましかったです(笑)

 

 

 

次話は「先輩たちのテクニックでヨガり狂う妹」。

 

 

今度は先輩のターンですね…!

 

 

 続きはコチラ 

 

 

 

「無料立ち読み」はコチラ

↓   ↓   ↓

コピペ&サイト内検索⇒【  温泉姉妹と野球部員  】

 

ガマンは、カラダに禁物♡

 

ハンディコミック[温泉姉妹と野球部員]※スマホ専用

 

-温泉姉妹と野球部員~三日三晩の接待合宿~

Copyright© チンジャオ娘ネタバレ天国:エロ漫画作品のあらすじを無料試し読み , 2017 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.