チンジャオ娘×エンガワ卓 作品 姉はヤンママ授乳中in実家

姉はヤンママ授乳中in実家 6話ネタバレ&無料試し読み

更新日:

 

 

『姉はヤンママ授乳中in実家』をネタバレします♡

 

 

 前回はコチラ 

 

 

 

「無料立ち読み」はコチラ

↓   ↓   ↓

ガマンは、カラダに禁物♡

 

【姉はヤンママ授乳中in実家[KATTS]】※スマホ専用

 

 

 

第6話
「私、母親がしちゃいけない顔してる!」姉に夜這いして息子の側で膣内出し

 

 

「…姉貴…」

 

 

夜、長男のダイキ君と一緒に寝ているお姉ちゃんの元に夜這いに来る弟君。

 

 

長男 ダイキ君の夏休みが始まってずっとお預け状態に我慢の限界です。

 

 

「ん~?なーにダイキ眠れないの…?」

「!?」

「た、たく!?」

 

 

一瞬寝ぼけますが、すぐに気づくお姉ちゃん。

 

 

「姉貴静かに…ダイキたちがおきちゃうだろ」

 

 

そう言いながらお姉ちゃんのジャージの下を下ろす弟君。

 

 

「ば ばかっ アンタなにやって…?」

 

 

「ちょっと姉貴の身体を使わせてもらおうと思って…」

「もうさ俺 限界なんだよ わかるだろ?」

 

 

前の状況を客観的に見ている立場からすると わかります(笑)

 

 

「はぁ!?おまえいいかげんに……」

 

 

パンツまで下ろして秘所を丸出しにする弟君。

 

 

「ちょ ちょっとまてって…」

「なに脱がしてんの!?」

「うっそでしょ…しんじらんない」

「すぐ隣で息子たちが寝てんだぞ?」

 

 

これにはお姉ちゃん怒ってるのでしょうか!?

 

 

それも当たり前といえば当たり前です…!

 

 

「大丈夫!姉貴はただ寝てるだけでいいから…!」

「この穴さえ貸してくれたらすぐ終わらせるから…!」

 

 

弟君、この台詞よく使いますね(笑)

 

 

「ば バカ!そんなことできるわけないでしょ…」

「早く部屋戻って一人でオ○ってろよ!」

 

 

そう冷たく突き放すお姉ちゃん。

 

 

ですが、もう我慢ができない弟君。

 

 

お姉ちゃんのお尻を揉みながら、『もうお姉ちゃんの身体を知ったらオ○ニーなんて出来ない』と懇願します。

 

 

「またそんな情けない声出したって…アンタねぇ…」

 

 

お姉ちゃん、こう見えて優しいですからね…。

 

 

弟君に甘えられたらなし崩しで今まで答えちゃってますもんね…。

 

 

「なぁ!いいだろ…?」

 

 

「ちょ 声大きい…!」

 

 

完全に盛ってる弟君。

 

 

抵抗して騒がれても困るとお姉ちゃんは仕方なく応じることにしました。

 

 

「わかったわよ…もぉおお…」

「ほらっ ここ 使わせてあげるだけだからね」

「あたしは何もしないからね」

 

 

何もしないとは言ってますが、寝てるダイキ君の横でこれは…すごいシチュですね…!

 

 

「あ 姉貴ぃ…!」

 

 

―――ズプ… ブブ…!!

 

 

(このバカ…!前戯もナシでいきなり…!)

 

 

いきなり挿入する弟君。

 

 

興奮も最高潮です。

 

 

 

「無料立ち読み」はコチラ

↓   ↓   ↓

ガマンは、カラダに禁物♡

 

【姉はヤンママ授乳中in実家[KATTS]】※スマホ専用

 

 

 

(でも奥まですんなり入っちゃった…)

(コイツと毎日してたから…濡れやすくなってる…?)

 

 

―――パン パン パン パン!!

 

 

「こ こら…そんな激しく打ち付けるな!」

「チビたちが音で起きちゃうだろ!」

 

 

(この子たちには…こんなところ絶対見せられない…!)

 

 

そりゃ勿論そうでしょうね…(笑)

 

 

(父親のじゃない 他の男のチ○ポ入れられてるトコなんて!)

 

 

お父さんのでもショックだと思いますが、確かに他の男性、しかも叔父さんだったらショックも倍増ですよね。

 

 

お預けだったのは弟君だけではなく、お姉ちゃんも同時に弟チ○ポは一週間ぶり。

 

 

これにとても感じてしまいます。

 

 

(てかこの感覚って…!)

 

 

「ねえタク…ちゃんとゴムつけた?」

 

 

「…あっ」

 

 

弟君ぬかりましたね…(笑)

 

 

生でしちゃったことを誤魔化す様に激しく腰を振る弟君。

 

 

「こらっ そんな激しくして…」

「誤魔化すなぁぁ」

 

 

お姉ちゃんがうつ伏せで 上にのしかかる形で挿入している弟君。

 

 

この体勢はお姉ちゃんの弱いとこをガンガン突いてきます。

 

 

息子たちが寝ている横でいつもより感じちゃうお姉ちゃん。

 

 

「ダメ…ちょっと待って」

「…あたしもう…」

 

「お願い…もうカンベンしてぇ」

 

 

(いやだ あたしっ いま絶対ダメな顔してる…)

母親のしちゃいけない顔してるよぉぉぉ…っ)

 

 

また息子たちの横でしているという背徳感で感じてるんでしょうね…!

 

 

「…ねーちゃん…俺ももう…ッッ」

 

 

「え!?」

「ちょっ」

「外に出し…っ」

 

 

―――ドプッ ドプ…ッ!!

 

 

「ん゛ーーーッ」

 

 

(膣内に…出てるっっ)

(息子たちの隣で違う父親の精○中に出されちゃってるぅ)

 

 

ここの枕を抱えながらのお姉ちゃんとっても可愛いですね…!

 

 

「姉貴…姉貴ぃ…」

 

(ああ…コイツの…まだ膣内で出てる…)

(ごめんね… ダイキ… ユースケ…)

(カーチャンが一番愛してるのは…アンタらだからね…)

 

 

(タクのチ○ポなんて…)

(ちょっとトーチャンより気持ちいいだけなんだから)

 

 

「姉はヤンママ授乳中in実家」6話の感想

 

 

最後の所といい、母親or女のせめぎ合いは母親分が勝っていますが、女性としての部分は 弟君 >旦那さん になっていますね…!

 

 

そして、ちょっとちょっと出てくるお姉ちゃんの少女的な部分というか、可愛い所がとても可愛らしいです。

 

 

それを感じてるのは私だけなのかもしれませんが(笑)

 

 

次話はお姉ちゃんが弟に夜這いをしてきます。

 

 

しかもそれをダイキ君に目撃されて…?

 

 

これは…ある意味旦那さんに目撃されるよりキツイ…!

 

 

 続きはコチラ 

 

 

 

「無料立ち読み」はコチラ

↓   ↓   ↓

ガマンは、カラダに禁物♡

 

【姉はヤンママ授乳中in実家[KATTS]】※スマホ専用

-チンジャオ娘×エンガワ卓 作品, 姉はヤンママ授乳中in実家

Copyright© チンジャオ娘ネタバレ天国:エロ漫画全作品のあらすじ , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.