ご近所すぎセフレ~出合い系で家族と出会ったら~ チンジャオ娘×PINK☆DORAGON 作品

ご近所すぎセフレ~出合い系で家族と出会ったら~ 7話ネタバレ無料試し読み

更新日:

 

 

『ご近所すぎセフレ~出合い系で家族と出会ったら~』をネタバレします♡

 

 

 前回はコチラ 

 

 

 

「無料立ち読み」はコチラ

↓   ↓   ↓

ガマンは、カラダに禁物♡

 

【DMMコミック】同人:ご近所すぎセフレ~GPS出会い系アプリで家族や担任や幼馴染と出会ったら~ SP/PC

 

 

第7話 あらすじネタバレ
「ずっと憧れていた清純な幼馴染の処女を奪って強制セフレ化」

 

 

女教師・早水園佳を堕としてから数週間。

 

 

主人公君は最終目的を果たすために作戦を実行します。

 

 

―――ピロリン♪

 

 

??

「大輔…久しぶり。ちょっと話があるんだけど、いいかな…きゃあっ?!」

 

 

部屋に訪れる一人の女性。

 

 

その女性を主人公君はいきなり押し倒します。

 

 

彼女の名は「大橋咲幸」

 

 

彼女こそが 主人公がヒキコモリになった原因の幼馴染です。

 

 

「最近アナタの幼なじみ君(主人公)が変なアプリを使って、不順な…不特定多数の女性とイケない事をしているって噂があるの。」

「大橋さん、アナタ彼にその事を少し聞いてみてくれないかな」

 

・・・という内容を、先生から咲幸ちゃんに 伝える様に命令した主人公。

 

 

その結果、作戦通り咲幸ちゃんが自宅まで来てくれたというわけです。

 

 

まあ、噂というか…実際してますよね…(笑)

 

 

あとやっぱり前話で男子生徒で話題になってた大橋さんが幼なじみだったんですね。

 

 

咲幸

「だっ ダイちゃん!落ち着いて!」

 

 

抑えつけたまま、まじまじと咲幸ちゃんを観察する主人公。

 

 

昔と変わらないつやつやとした長い髪。

 

 

キラキラと大きく輝く瞳。

 

 

うっすらと桜の色をつけた唇。

 

 

そして前見た時より更に大きくなった胸。

 

 

この身体を抱きしめ、胸を揉み、アソコにチ●ポを突っ込んだ奴がいると憤る主人公君。

 

 

猛烈な嫉妬心に心をかき乱され、彼女を掴む手に力が篭ります。

 

 

咲幸

「大輔…こんな事やめて」

「昔はこんなんじゃ無かったよ?」

 

 

確かに第1話からすら 性格が変わってますよね(笑)

 

 

とはいえ、第1話の段階から現在の片鱗はありましたが。

 

 

ここまで色々な女性に強気な姿勢を貫いてきた主人公君も彼女のまっすぐな瞳に動揺します。

 

 

ですが、他の男がいるという事実に暴力性をかきたて、投げやりな気分になります。

 

 

主人公

「…誰のせいだと思ってんだよ…」

「ずっと…ずっとお前のことが…」

「なのに他の男となんかくっつきやがって!」

 

 

咲幸

「…!!」

「そんな…私の…」

「ゴメン…どうしたら良いか 私、分からない…」

 

 

咲幸ちゃんいい子ですね。

 

 

というか、今までにないシリアスな展開ですね…!

 

 

主人公

「…ヤらせろよ」

 

 

咲幸

「…やっぱり…あのアプリ使ってるってホントだったんだね…」

 

 

冒頭の通りの噂を聞いた咲幸ちゃん。

 

 

まさかと思い、咲幸ちゃんもアプリを入れていた様です。

 

 

咲幸

「大輔の家の前に来たら着信して…」

 

 

主人公

「お前を忘れたかったんだよ…でも無理だった……一度だけでいいんだ…」

 

 

長い沈黙が訪れ、咲幸ちゃんが重い口を開きます。

 

 

咲幸

「…いいよ」

「それで…昔の大輔に戻ってくれるのなら…」

 

 

消え入るような声で咲幸ちゃんはそう答えます。

 

 

健気ですね…。

 

 

きっとそれじゃ主人公君は戻らないでしょうが…。

 

 

咲幸

「やだ…そんな所見ないで…」

 

 

下着を剥ぎ取りマ●コを凝視する主人公君。

 

 

主人公

「これが咲幸のマ●コ…!」

 

 

 

「無料立ち読み」はコチラ

↓   ↓   ↓

ガマンは、カラダに禁物♡

 

【DMMコミック】同人:ご近所すぎセフレ~GPS出会い系アプリで家族や担任や幼馴染と出会ったら~ SP/PC

 

 

 

マ●コという単語に反応し、改めて下腹部についているものが卑猥なものだと意識させられたせいか、一層 恥ずかしがり手で顔を押しのけ脚を閉じようとする咲幸ちゃん。

 

 

可愛い反応ですね。

 

 

そして、主人公君は主人公君で、夢にまで見た咲幸ちゃんのマ●コが目の前にある現実に酔い、噛みしめるようにじっくりと見つめます。

 

 

―――コリッ トロリ…!!

 

 

マ●コを指で弄り始める主人公君。

 

 

主人公

「咲幸ってクリ●リスがデカイんだな 乳といっしょで」

 

 

既に 6人を短期間で堕としている主人公君だけあって、この辺は比較してきますね。

 

 

咲幸

「やぁ…!そんなの知らない…」

 

 

主人公

「知らないわけないだろ 毎日ヤッてるクセに」

 

 

咲幸

「…」

「あっコリコリしないでぇ」

 

 

否定はしないんですね…。

 

 

どこか神聖視していた咲幸ちゃんにも普通に生殖器がついており、交尾可能な一人のメスだと思うとグッとくる主人公君。

 

 

股間がグツグツと煮えたぎるように熱くなります。

 

 

―――ぴとっ

 

 

適度に嬲られ、ニュルリと薄くスケベ汁に濡れたマ●コの入り口に、コレ以上はないくらいガチガチに腫れ上がったチ●ポをあてがいます。

 

 

―――ぐぐぐ…メリッ メリッ

 

 

咲幸

「ふぐっ…イッ…!!」

 

 

主人公

「えっ…咲幸お前 まさか…

 

 

えっ…さっき否定しなかったのにまさか…?

 

 

膣内に沈み込んでいくチ●ポが赤く染まっていきます。

 

 

咲幸ちゃんは処女でした。

 

 

その事実を知った主人公君は無我夢中で腰を振ります。

 

 

咲幸

「んぐっ!いっ痛い…っ!!」

 

 

後から聞いた話では、木村という彼氏とはまだキスもしておらず、卒業するまでは…と考えていたそうです。

 

とっても清純な子というか、真面目な子ですね…!

 

 

咲幸

「そんなっはげ…しくっ!!」

「動かな…いでっ…!」

 

 

身持ちの堅さが災いして、大事な処女を主人公君に奪われてしまった咲幸ちゃん。

 

 

その事実が主人公君を一層興奮させ、血でヌメったチ●ポはさらに動きを激しくさせます。

 

 

主人公

「咲幸…っ そろそろイクぞ…っ!」

 

 

咲幸

「だっダメッ!!」

 

 

主人公

「咲幸っ…咲幸ッ!!」

 

 

咲幸

「ダメー!!赤ちゃんができっっ」

 

 

―――ドクッ!ドクッ!ドクッ!!

 

 

咲幸

「赤ちゃっ いやあああうっ!!」

 

 

それから何発も咲幸ちゃんの膣内にありったけの欲望を吐き出し叩きつけた主人公君。

 

 

血と●液でグチャグチャになり、湯気が出そうなほど熱を持って 苦しそうにあえぐオマ●コをスマホで撮影します。

 

 

咲幸ちゃんのも撮影するんですね…。

 

 

咲幸

「ヒック 撮らないで…!」

「ひどいよ…一度だけって言ったのに…」

 

 

主人公

「…悪いな 次はもう少しちゃんとするよ」

 

 

泣いて主人公君を責める咲幸ちゃんに対して、こう言い放つ主人公君。

 

 

咲幸

「何…言ってるの?」

 

 

そう言うのも当たり前ですね。

 

 

主人公

「別れろとは言わない…だから…」

「俺が納得するまでセフレになってくれよ」

 

 

とんでもないことを言い出します。

 

 

咲幸

「っ…!ダメだよ…一度って…」

 

 

主人公

「咲幸じゃなきゃダメなんだよ」

 

 

好きな女性が自分の為にここまでして傷ついているのに、そんな姿を見てもっと汚したい、きたならしいビッチに堕としてやりたいと思う主人公君。

 

 

クズであると自覚を持ちながら…。

 

 

その日以来、毎日のように咲幸ちゃんを呼び出しては、チ●ポを彼女の中に挿れる主人公君。

 

 

セッ●スの仕方はぎこちないものの、チ●ポを楽しむことを無意識ながらに身体が覚えていきます。

 

 

 

彼氏

『センパイ今日も部活きてませんでしたけど体調悪いんですか?心配…』

 

 

咲幸

『ゴメンね。ちょっと家の用事があって私は元気だよ( `・ω・´)b』

 

 

 

そう彼氏とスマホでやり取りをする咲幸ちゃん。

 

 

―――クチャッ ヌ゛チッ!!

 

 

主人公

「彼氏くん頑張ってんなー」

 

 

主人公君に挿入されながらです。

 

 

主人公

「オレも咲幸のマ●コ喜ばせるように頑張らないとな」

 

 

前半のシリアスモードとは打って変わり、いつもの調子が戻ってますね。

 

 

そしてタイムが短縮できたと 喜んでメッセージを送ってきた彼氏君へのご褒美にエロ写メを送ってやれと言いだす主人公君。

 

 

悪い人ですね…(笑)

 

 

咲幸

「そんな…そんなこと出来無いよ…」

 

 

キスすらしてないんですもんね…。

 

 

主人公

「何で?こんなに毎日他の男とセッ●スしてるクセに 彼氏には写真の一枚も無理なんだ?」

 

 

わかっててそんなことを言う主人公君、酷い人です。

 

 

 

『これ、頑張ってる木村くんにご褒美だよ(*´艸`*)』

 

 

・・・というメッセージと共に、胸元の写メを送る咲幸ちゃんなのでした。

 

 

「ご近所すぎセフレ~出合い系で家族と出会ったら~ 」7話の感想

 

 

これまでにはないシリアスモードでしたね。

 

 

ちなみに作中でもここまで言及はされていませんが、咲幸ちゃん陥没乳首です。

 

 

特に言及もしないでこの設定、細かい所まで拘ってますね…!

 

 

ホントにこの作品はどの女の子も細かい所まで拘ってデザインされており、どの女の子も魅力的です。

 

 

次話は「彼氏持ちの幼馴染をチ○ポの虜にして保健室で浮気セッ○ス」

 

 

まあ展開的にそのまま寝取りモードですよね…。

 

 

 続きはコチラ 

 

 

 

「無料立ち読み」はコチラ

↓   ↓   ↓

ガマンは、カラダに禁物♡

 

【DMMコミック】同人:ご近所すぎセフレ~GPS出会い系アプリで家族や担任や幼馴染と出会ったら~ SP/PC

 

エロ漫画やアニメをネタにして

”月収50万円”以上稼ぐ手法を無料公開中!

   

今だけ3万円相当のプレゼント進呈!

   

-ご近所すぎセフレ~出合い系で家族と出会ったら~, チンジャオ娘×PINK☆DORAGON 作品

Copyright© チンジャオ娘ネタバレ天国:エロ漫画全作品のあらすじ , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.