ガリガリ娘を拾ったらムチムチ美女になりまして チンジャオ娘×小桜クマネコ 作品

ガリガリ娘を拾ったらムチムチ美女になりまして 第4話ネタバレ&無料試し読み

更新日:

 

 

『ガリガリ娘を拾ったらムチムチ美女になりまして』をネタバレします♡

 

 

 前回はコチラ 

 

 

 

「無料立ち読み」はコチラ

↓   ↓   ↓

ガマンは、カラダに禁物♡

 

101059220_BookLiveコミック【AC】ガリガリ娘を拾ったらムチムチ美女になりまして※スマホ専用

 

 

第4話 あらすじネタバレ
仕事から帰ると美少女が出迎えてセックスさせてくれる生活

 

 

石川

「買ってきた服がぴったりで良かった!」

 

 

ナナ

「…ありがとうございます」

「けどもっと…次は暗い色のがあればそれをお願いします」

 

 

食事をしながら石川がナナちゃんに買ってきた服の話をする二人。

 

 

石川

「明るい色の方がいいかなって…」

「分かった今度は暗い色のにするよ…!」

 

 

ナナ

「それはそうと…このお肉はおいしいですね」

「…豚肉ですか?」

 

 

石川

「それは鶏肉をグリルで調理したやつなんだ」

「そこの皿のは全部食べていいからね」

 

 

ナナ

「食べきれないかも…」

 

 

そういうナナちゃんでしたが、結構量があった料理を食べきったのでした。

 

 

ナナ

「いつもこんなにおいしいご飯作って食べてるんですか?」

 

 

石川

「いつもというか…好きなんだよ 料理するのが」

「…いつか料理屋をやりたくってさ」

 

 

ちゃんにもう少しで叶いそうな夢を語る石川。

 

 

ナナ

「ふーん…よく分かんないけどすごいですね」

 

 

石川

「…うん」

 

 

親切をされると絶対に裏があると考えてしまうナナちゃん。

 

 

だからこそ石川はナナちゃんに家事をお願いしているわけですが、それに加えてあえて親切の裏っぽい性的な癒しも住むための条件としたのでした。

 

 

石川(下心があります、とはっきり名言してしまうのだ。)本心ではないものの、そちらの方がナナちゃんは安心するようで、いつかこいつは変貌するという疑心暗鬼ではなく、割り切った態度を見せるようになったのでした。

 

 

ナナ

「疲れたでしょ 仕事…」

「早速やってあげますから」

 

 

下に何もつけずナナちゃんはにっこりと笑い、仰向けになった石川の上に跨ります。

 

 

ナナ

「お部屋の片づけもしたしお風呂の掃除もしたしトイレの掃除だって…」

「あとは石川さんを気持ち良くしてあげれば私の仕事は終わりです」

 

 

ナナちゃんはそう言うと大きくなった石川のおち●ちんを手で弄びながら聞いてきます。

 

 

ナナ

「今日もものすごい石川さんの…立ってますし…」

「どうやってやりましょうか」

 

 

石川

「う…っ」

「この姿勢だしそのまま入れてくれるといいかな…!」

「…あっ…出そう…!」

 

 

ナナ

「石川さんはかなり敏感なんですね」

 

 

石川

「君が上手すぎるから…一体なんで…」

 

 

ナナちゃんは石川のそれを穴に埋没させながら別にと答えるだけなのでした。

 

 

そして…。

 

 

ナナ

「じゃゆっくり入れていきますね」

「まだ出さないでくださいよ」

 

 

するとナナちゃんは邪魔なので…とシャツを脱ぎ始めます。

 

 

ナナ

「なんか最近胸が大きくなったような気がするんですけど」

「気のせいですかね」

 

 

石川

「…なったかもしれないね…!」

 

 

ナナ

「前まで気にならなかったのに…」

「上下にやると結構胸が揺れるので…」

 

 

石川

「あ…っ!ちょっと…出…っ……」

 

 

ナナ

「ちょっと待って…もう脱ぎますので」

「それじゃあやりますよ…!」

 

 

―――たんったんったんったんっ

 

 

小気味良く腰を上下させるナナちゃん。

 

 

ナナ

「出す時言ってください…っ」

「思い切り締めますので…っ」

 

 

石川

「いや…っ もう出そう……あ…っ!!」

 

 

ナナ

「じゃあ…っ締めますね…っ!!「ん゛っ♡」

 

 

―――ゴプッ ゴプッ

 

 

石川「がっ…!!」

 

 

そして石川が出し終わると…。

 

 

ナナ

「お腹の中すごく暖かくなりました 多分セ●シの熱さですよね…」

「かなり出したみたいですね」

 

 

石川

「分からないけど…」

「…ものすごい気持ち良かった」

 

 

ナナ

「そんなにですか…?」

 

 

石川

「ナナはそうじゃなかった?」

 

 

ナナ

「私は別に…気にしないでください 仕事なので…」

 

 

そういうナナちゃんを石川はうつ伏せに寝かせます。

 

 

 

「無料立ち読み」はコチラ

↓   ↓   ↓

ガマンは、カラダに禁物♡

 

101059220_BookLiveコミック【AC】ガリガリ娘を拾ったらムチムチ美女になりまして※スマホ専用

 

 

ナナ

「本当にいいですから…」

「住む条件の仕事でやってるだけなので私のことなんか…」

 

 

 

石川

「ナナは後ろからされるのがいいって言ってたよね」

「頑張ってみるから…!」

 

 

ナナ

「…勝手にやったらいいですよ」

「私は気持ちいいとかそういうのは…」

 

 

そして石川はゆっくりと入れ始めます。

 

 

ナナ

「いらないですからそんな配慮…」

 

 

ナナちゃんはそれに対し、さっさと出しちゃってくださいと冷たく返します。

 

 

―――ぱちゅっぱちゅっぱちゅっぱちゅっ

 

 

後ろから突き始める石川。

 

 

石川

「やっぱりナナは後ろからされるのが気持ちいいんだね」

 

 

ナナ

「そんなことはいいですから…っ」

「石川さんが私の穴で勝手に気持ち良くなってください…っ」

「ほら早く出して…っ」

 

 

そう言うナナちゃんですがその姿は気持ち良さそうで…?

 

 

石川

「強くするぞ…っ」

 

 

ナナ

「え…っ ちょっと…っ」

「待って…っ!!」

 

 

―――ぱんっぱんっぱんっぱんっぱんっぱんっぱんっぱんっ

 

 

腰を速くする石川。それにナナちゃんは気持ちよさそうな声を漏らし始めます。

 

 

ナナ

「ん゛っ…♡」

「う゛っ…」

 

 

そして石川は…。

 

 

石川

「出すぞ…っ 中に…っ!!」

 

 

―――びゅるるっ びゅくっ…

 

 

ナナ「あ゛っ…♡」「あ゛っ…!!♡」

 

 

―――びゅるるるるるっ

 

 

そしてぬぽんっと石川が出し終わったおち●ちんを引き抜くと…。

 

 

ナナ

「…………気持ち良かったです」

「体の奥から…なんかすごく…」

「ぶるぶるって…」

 

 

ナナちゃんはそう言ってくれるのでした。

 

 

そして…!

 

 

ナナ

「あの…も一回…やりたいなって…」

「もしよかったら…ですけど……」

「後ろから…」

 

 

~つづく…!~

 

 

「ガリガリ娘を拾ったらムチムチ美女になりまして」第4話感想

 

 

今回は肉付がだいぶ良くなったとか、色々ありましたが、最後のが全て持っていきましたね。

 

 

これまで自棄的に色々言うだけ、エッチをするだけのナナちゃんでしたが、初めて自分から自分の欲求でしたいって言ってくれた回でした。

 

 

今回の序盤から服の色にリクエストを出したり、徐々に態度が軟化してるのは見えていましたし、エッチなことを『仕事』とすることによって、それを割り切りながらも楽しむ姿は随所に見られましたが、最後のナナちゃんが「も一回やりたい」って言ったのが全てでした。

 

 

あっちなみにナナちゃんが言う様に胸はだいぶ絵的にも大きくなりました。普通に巨乳って言えるレベルまで来てるんじゃないでしょうか?

 

 

お腹の辺りもちょっとムチっと描かれてますし、これ作中どのくらい時間経過したのでしょうね?

 

 

さてどうやらそのすくすくと育った胸はFカップにまでなったそうで…?

 

 

次回はもはや健康的な生意気ボディとまで言える身体になったナナちゃんに色々としてもらう回になる模様。

 

 

そんな次回が楽しみです!

 

 

 続きはコチラ  

 

 

 

「無料立ち読み」はコチラ

↓   ↓   ↓

ガマンは、カラダに禁物♡

 

101059220_BookLiveコミック【AC】ガリガリ娘を拾ったらムチムチ美女になりまして※スマホ専用

 

-ガリガリ娘を拾ったらムチムチ美女になりまして, チンジャオ娘×小桜クマネコ 作品

Copyright© チンジャオ娘ネタバレ天国:エロ漫画全作品のあらすじ , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.