ガリガリ娘を拾ったらムチムチ美女になりまして チンジャオ娘×小桜クマネコ 作品

ガリガリ娘を拾ったらムチムチ美女になりまして 第2話ネタバレ&無料試し読み

投稿日:

 

 

『ガリガリ娘を拾ったらムチムチ美女になりまして』をネタバレします♡

 

 

 前回はコチラ 

 

 

 

「無料立ち読み」はコチラ

↓   ↓   ↓

ガマンは、カラダに禁物♡

 

101059220_BookLiveコミック【AC】ガリガリ娘を拾ったらムチムチ美女になりまして※スマホ専用

 

 

 

第2話 あらすじネタバレ
触れれば壊れそうな身体と穴で男の欲望を受け止める少女

 

 

石川がまごまごしている内にナナちゃんはお尻を突き出したのでした。

 

 

その腰幅はかなり痩せているものの、確かに大人のようでした。

 

 

ナナ

「いいですよ 入れて」

 

 

石川

「…本当に入れるよ」

 

 

ナナ

「あなたしつこい まだ私がこどもだと思ってるんですか」

 

 

石川

「そういうわけじゃないんだけど…」

 

 

ナナ

「そんなにまだ立ってるんだったらさっさと入れて出しちゃえばいいじゃないですか」

 

 

 

―――ず…ず…ず…

 

 

言われるがままに石川は挿入していきますが…?

 

 

ナナ

「……」

「なんでまだ半分しか入れないんですか」

「全部入れれば」

 

 

石川

「い…入れるよ 痛くない?」

 

 

ナナ

「別に」

 

 

その言葉のままに全て挿入する石川。

 

 

石川

「動かすよ…」

 

 

―――ぬちゅっ ぬちゃっ…

 

 

ナナ

「……」

「別にもっと早くしていいですから」

 

 

―――ずっちゃ ずっちゃ ずっちゃ ずっちゃっ

 

 

ナナちゃんの中で動き始めた石川はその気持ち良さに腰の動きが速まります。

 

 

石川

「きっ…気持ちいい…っ!」

「あ…っ 出そう中に…っ」

 

 

ナナ

「そのまま中に出していいですから」

 

 

石川

「え…っいや…」

「う…あっ…!」

 

 

戸惑う石川でしたが…。

 

 

石川

「が…っ!!」

 

 

―――びゅるるるっ

 

 

石川

「あ…っ!!」

 

 

そのまま中に出してしまうのでした。

 

 

 

そしてナナちゃんの中からおち●ちんを引き抜く石川。

 

 

ナナちゃんはそれを見て…。

 

 

ナナ

「あなたまだ元気そう」

「私なんかじゃ満足できなかったんですか」

 

 

ジトっとした目をしながら言い放ちます。

 

 

石川

「まさか…ものすごく気持ち良かった…」

 

 

ナナ

「…でもまだ出し足りないんでしょ」

「姿勢変えるからそれでやってください」

 

 

そう言うとナナちゃんは仰向けになります。

 

 

ナナ

「早く入れないの?私の穴見て気持ち悪いとか思ったの?」

 

 

石川

「そんなことは…」

 

 

ナナちゃんはご飯の借りを早く返したいからと入れるように急かします。

 

 

ですが、石川は入れようとしません。

 

 

ナナ

「……」

「……」

「…入れないんだ」

「やっぱり私じゃだめなんだ」

 

 

石川

「そんなことないって…!分かったいま入れるから…!」

 

 

ナナちゃんの自棄的な台詞に折れた石川。

 

 

ナナちゃんはその石川のおち●ちんを手でつかみ、穴へと誘います。

 

 

ナナ

「ほら早く」

 

 

石川

「う…っ」

 

 

 

「無料立ち読み」はコチラ

↓   ↓   ↓

ガマンは、カラダに禁物♡

 

101059220_BookLiveコミック【AC】ガリガリ娘を拾ったらムチムチ美女になりまして※スマホ専用

 

 

ナナ

「この姿勢は一番よくやるから…」

「2発も出してなんでこんなに元気なんですか」

 

 

石川

「…さあ?じゃあ入れるから…」

 

 

そのまま挿入するとぬちゅっぬちゅっと腰を動かし始めます。

 

 

石川

「…気持ちいいよ」

 

 

ナナ

「動かしてないじゃないですか もっとガシガシ動かして擦ったら?」

 

 

石川はその言葉に戸惑います。

 

 

ナナ

「…よく分かんない 私はさっさと終わらせたいんだから早く中に出しちゃってくださいよ」

 

 

そう言われた石川は激しく腰を動かします。

 

 

―――ずちゃっ ずちゃっ

 

 

そしてほどなくして…。

 

 

石川

「出すよ…」

 

 

ナナ

「うん」

 

 

―――ドプッ ゴププ…

 

 

ナナ

「お腹の中すごい熱い…いっぱい中に出したんだ…」

 

 

石川

「うっ…」

 

 

ナナ

「別に慣れてるから」

「満足した?」

 

 

石川

「…まあ」

 

 

ナナ

「でもやりたきゃまだやっていいですから どうせ私は……」

 

 

石川

「どうせ…?」

 

 

そう聞き返す石川ですが、そのままナナちゃんは寝息を立てて寝てしまうのでした。

 

 

石川にとって最初のナナちゃんの印象は全てを諦めているようで、男をそういうやつだと決めつけていて感じの良くない子でした。

 

 

けど最初から生まれ持った性格とは思えず…?

 

 

石川

(何か希望さえ持たせてあげれば明るい子になる…)

(と考えるのは誰かも分からない子に対して勝手だろうか。)

 

 

なかなかナナちゃんが起きないので、石川は部屋の電気を消して一緒に寝ることにしたのでした。

 

 

~つづく…!~

 

 

「ガリガリ娘を拾ったらムチムチ美女になりまして」第2話の感想

 

 

結局しちゃった石川でした。

 

 

前半のバックでのエッチは少女と大人である石川がしているような背徳感が強いですが、後半は仰向けになったことで痩せ細ったナナちゃんの身体が強く描かれており、痛々しさもありましたね…!

 

 

その痛々しさがエッチな部分に繋がるという面も強かったのですが…!

 

 

私としては、本当に食事与えられてなかったんだなとしみじみ…。

 

 

ちなみに私結構女の子のあばらとか好きなんですが、流石にここまでいっちゃうとフェチとかそういう所が別のフェチになっちゃいますね(笑)

 

 

ただ、タイトルが『ムチムチ美女になりまして』なので、ここから石川と幸せに暮らして肉付きよくなるんだろうなぁって思うとちょっとほっこりする部分もあります(笑)

 

 

さて、次回はお風呂エッチからさらにナナちゃんの態度も軟化していくみたいなのですが…?次回が楽しみです!

 

 

 続きはコチラ  

 

 

 

「無料立ち読み」はコチラ

↓   ↓   ↓

ガマンは、カラダに禁物♡

 

101059220_BookLiveコミック【AC】ガリガリ娘を拾ったらムチムチ美女になりまして※スマホ専用

 

-ガリガリ娘を拾ったらムチムチ美女になりまして, チンジャオ娘×小桜クマネコ 作品

Copyright© チンジャオ娘ネタバレ天国:エロ漫画全作品のあらすじ , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.