いじめっこ女子と無人島に漂流したら

いじめっこ女子と無人島に漂流したら 5話ネタバレ&無料試し読み

投稿日:

 

 

『いじめっこ女子と無人島に漂流したら』をネタバレします♡

 

 

 前回はコチラ 

 

 

 

「無料立ち読み」はコチラ

↓   ↓   ↓

ガマンは、カラダに禁物♡

 

ハンディコミック【いじめっこ女子と無人島に漂流したら】LP1※スマホ専用

 

 

 

第5話 あらすじネタバレ
「毎日子宮にマーキングされて素直になってきたメスは…」

 

 

大事なオモチャとして、未海ちゃんの食生活には気を使う熊谷先生。

 

 

栄養価の高そうな食材、綺麗な水は優先的に与えます。

 

 

徹底的に管理下に置き、未海ちゃんの意志は捨てさせ、全て熊谷先生の許可を取ってからの行動とさせました。

 

 

トイレもまたその一つです。

 

 

未海ちゃんを膝に乗せる熊谷先生。

 

 

熊谷

「ったく…しょうがねえな…また小便かよ」

「言うことあるだろ?先生に向かって」

 

 

未海

「おしっこばっかり したがってごめんなさい…」

「先生の手を煩わせてごめんなさい…」

 

 

熊谷

「よーしよく言えたな」

「じゃあ出していいぞ」

 

 

そして、未海ちゃんのおしっこを急かす熊谷先生。

 

 

熊谷

「ほらっ…!」

 

 

―――ぐっ ぐっ

 

 

未海

「お…押さないでよ、そんなところ…」

 

 

熊谷

「おおっ…?パンッパンだな 膀胱…」

 

 

未海

「だからぁっ…押さなくたって出…る…っ」

 

 

―――ジョロロロロロッ

 

 

熊谷先生が食糧を探してる間、我慢して溜まっていた尿を一気に放ちます。

 

 

未海

「やああああっ…」

 

 

一度出始めると止まらない おしっこ。

 

 

熊谷

「気持ちいいだろ?一期に大放出できて」

「もっと気持ち良くしてやるよ」

 

 

―――ばちゅ ばちゅっ

 

 

放尿している未海ちゃんに、そのまま挿入する熊谷先生。

 

 

未海

「はあっ…あっ…あっ…あっ…」

 

 

熊谷

「やっぱり…小便中は穴が緩み気味だな…」

 

 

未海ちゃんは、されるがまま感じてしまいます。

 

 

ですが熊谷先生、やはり緩んだ未海ちゃんに刺激が物足りないのか 未海ちゃんの股間を手で弄ります。

 

 

熊谷

「これでもっと穴を締めるんだよ…!」

 

 

未海

「やあああ…っ!」

 

 

熊谷

「どうなんだ!?」

「言ってみろ 気持ちいいって…!」

 

 

未海

「気持ちいい…気持ちいい…っ!」

 

 

素直に答える未海ちゃん。

 

 

これは言わされてるのか、それとも、本当に素直に言っているのか…。

 

 

熊谷

「ほれ…ほれほれ…っ!」

 

 

―――びゅるるっ びゅくっ!!

 

 

熊谷

「んぬおおおおおっ…!」

 

 

未海

「んふぁあああああああっ!!」

 

 

同時に絶頂します。

 

 

熊谷

「お前…クリ○リス本当に弱いんだな…」

 

 

未海

「はっ…はっ…だって…!!」

 

 

 

「無料立ち読み」はコチラ

↓   ↓   ↓

ガマンは、カラダに禁物♡

 

ハンディコミック【いじめっこ女子と無人島に漂流したら】LP1※スマホ専用

 

 

 

ある日、未海ちゃんを小屋に残して 朝早くから魚獲りの罠を見に出掛けた熊谷先生。

 

 

未海ちゃんは、目覚めてから熊谷先生がいないことに気づきます。

 

 

未海

「先生は…」

「あれ…先生は…」

「先生っ…?」

 

 

食糧探しに行ったハズだと思っているものの、未海ちゃんは不安に駆られます。

 

 

未海

「まだ私を見捨ててどこか遠くになんか行かない…」

「もし先生がもう戻って来なかったら…」

「私…ずっとこの島で一人ぼっちになって…」

 

 

そう言いながらオナニーを始めます。

 

 

今まで憎らしい相手だと思っていた先生。

 

 

ご飯を気遣ってくれたりと 複雑な思いを抱き始めているようで…?

 

 

未海

「なんだろ この気持ち」

「好き…?いや…そんなはず…っ」

 

 

股間を弄る手が激しくなります。

 

 

未海

「気持ちいい…っ」

「抱かれたい…先生に…っ!」

 

 

これは好きになっている様子ですね…。

 

 

酷いことされているのにこれですから、極限状態での一種の依存でしょうね…。

 

 

未海

「先生…っ先生…っ 先生…っ」

「んいいいいいい…っ」

 

 

熊谷先生のことを想いながら絶頂します。

 

 

未海

「最近先生のことばっかり考えてる…」

「私にも一応、彼氏っていたんだよね…」

 

 

そういえば いましたね…(笑)

 

 

未海

「やっぱり私…先生のことが…」

 

 

「いじめっこ女子と無人島に漂流したら 」5話の感想

 

 

未海ちゃんが 遂に陥落しましたね。

 

 

これで熊谷先生も、救助来ても一安心でしょうか(笑)

 

 

この後 どういった展開をしていくのでしょう。

 

 

熊谷先生は喜ぶのか戸惑うのか…。

 

 

次話は「日焼けしたJ○と全裸で本能のままヤりまくりの日々」

 

 

未海ちゃん日焼けするんですね…!

 

 

 続きはコチラ 

 

 

 

「無料立ち読み」はコチラ

↓   ↓   ↓

ガマンは、カラダに禁物♡

 

ハンディコミック【いじめっこ女子と無人島に漂流したら】LP1※スマホ専用

 

-いじめっこ女子と無人島に漂流したら

Copyright© チンジャオ娘ネタバレ天国:エロ漫画全作品のあらすじを無料試し読み , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.