いじめっこ女子と無人島に漂流したら

いじめっこ女子と無人島に漂流したら 4話ネタバレ&無料試し読み

更新日:

 

 

『いじめっこ女子と無人島に漂流したら』をネタバレします♡

 

 

 前回はコチラ 

 

 

 

「無料立ち読み」はコチラ

↓   ↓   ↓

ガマンは、カラダに禁物♡

 

ハンディコミック【いじめっこ女子と無人島に漂流したら】LP1※スマホ専用

 

 

 

第4話 あらすじネタバレ
「セッ○ス専用ペットにした女子にチ○ポへの奉仕を特別授業」

 

 

2日。3日。4日…。

 

 

太陽が昇っては沈むだけの日々が続き、島にある音といえば 島中の葉の風のざわめきか波音のみ。

 

 

静かで、そして退屈。

 

 

救助の船はまだ来ないし、来そうもありません。

 

 

しかし意外にも、潤沢な食料は存在します。

 

 

打ち上げられた魚やココナッツ、木の実などが救助が来ない不安を相当和らげてくれます。

 

 

食糧があれば死なない。

 

 

そのため むしろ辛いのは退屈です。

 

 

都会のモノやサービス、娯楽にまみれた退屈を嫌う暮らしに慣れると、何もすることがないというものが どれほど苦痛か実感させられます。

 

 

ですが、今の熊谷先生には最高のオモチャがあります。

 

 

生徒の舟崎未海ちゃんです。

 

 

熊谷先生にとってこの島での生活は、生徒のイジメに耐えるだけの日常に比べれば楽園も同じです。

 

 

熊谷

「ほら さっさと食えよ」

 

 

未海

「変な色の魚ばっかじゃん 毎日…」

 

 

食事他の面で、熊谷先生がいないと この島では生きて行けない未海ちゃん。

 

 

文句は言うものの、下着姿でリード(のようなもの)をつけられています。

 

 

熊谷

「言ってみろよ 生かしてくれてありがとうございますって」

「そうしたら食うことを許してやる」

 

 

未海

「そんな…なんでアンタなんかにそんなこと…」

 

 

熊谷

「あっそう…じゃあ食わなくていいんだぜ別に…」

 

 

そう、この島では熊谷先生が絶対なのです。

 

 

未海

「言う…から…」

「…ありがとうございます…その…」

 

 

熊谷

「”生かしてくれてありがとうございます” だ! 馬鹿が!」」

 

 

未海

「生かしてくれてありがとうございます…」

 

 

熊谷

「ダメーそんないい方じゃ やり直しだ」

 

 

持前の気の強さが災いしてか、上手く言えない未海ちゃん。

 

 

熊谷

「さっさと食え…!」

 

 

流石の熊谷先生も、そこまで鬼ではありません。

 

 

頃合いを見て 食べるのを許可します。

 

 

熊谷

「なんだその食べ方は!手を使うな手を!」

 

 

…鬼でしたね(笑)

 

 

未海ちゃんのお尻を叩きながら 所謂犬食い・ドッグイートで食事をさせる熊谷先生。

 

 

熊谷

「ちっ…でかいケツしやがって…」

 

 

そう言いながら 未海ちゃんのパンツを下ろします。

 

 

熊谷

「言ってみろよ ”セッ○スしてくださいお願いします” って」

 

 

未海

「別にそんなのしたく…」

 

 

熊谷

「言えって言ってんだよ!」

「”このデカ尻にセッ○スしてください”ってな…!」

 

 

食事を盾に やりたい放題の熊谷先生。

 

 

未海

「このデカ尻に…うっ…」

「セッ○スして…ください…」

 

 

未海ちゃんは 従うしかありません。

 

 

熊谷

「あと謝るんだよ」

「毎日毎日セッ○スしてやってんだから」

「こんなに性欲が強くてごめんなさいってな」

 

 

未海

「こんなに……性欲が強くって…ごめんなさい…」

 

 

そして、「動物みたいだ」と罵倒しながら 未海ちゃんを犯す熊谷先生。

 

 

―――ずちゅっ ずちゅっ ずちゅっ

 

 

熊谷

「ようやく自覚したか?」

「この島じゃお前は」

「セッ○スするくらいでしか役に立たないんだよ…!」

 

 

未海

「んっ…んっ…ふう…ふう…」

 

 

熊谷

「動物…みたいに喘ぎやがって…」

 

 

――――ぶびゅっ ぶびゅっ

 

 

熊谷

「んんんっ…!!」

 

 

中に射○する熊谷先生。

 

 

熊谷

「こんなに性欲の強いオナペットを飼うのも大変だぜ…」

 

 

この状況に 未海ちゃんはまた泣き出してしまいます。

 

 

熊谷

「ダッハッハ!!何泣いてんだよ」

「お前この島じゃ ホントにただの肉オナホじゃねえか!」

「俺と子作りすることしか能が無い動物!」

 

 

そして泣き出した未海ちゃんを「その場から離れるな」という命令と共に放置して、食糧を探しに出るのでした。

 

 

 

「無料立ち読み」はコチラ

↓   ↓   ↓

ガマンは、カラダに禁物♡

 

ハンディコミック【いじめっこ女子と無人島に漂流したら】LP1※スマホ専用

 

 

 

そして雨の日。

 

 

空っぽのココナッツに 真水を貯められるありがたい日ですが、同時に海も濁って 魚を取りに行くこともできない日でもあります。

 

 

だからといって退屈な日ではなく、巨大な熱帯地域の葉っぱで屋根を作った簡易小屋で 未海ちゃんに「特別課外授業」を教えてあげる いいきっかけになったのです。

 

 

熊谷

「お前は全然フ○ラを覚えねえな!」

 

 

イラ○チオ気味に フ○ラのやり方を乱暴に教える熊谷先生。

 

 

―――んぼっ んぼっ んぼっ んぼっ

 

 

熊谷

「唇をカリ首に引っ掛けて…」

「横方向にも擦ったりするんだ…」

「細い血管のところを…」

「ううっ…出るっ…ぐっ…!」

 

 

―――ドプ… ちゅーーーーーーっ

 

 

熊谷

「うぐっ…!吸え!吸うんだっ…!」

「はあっ…はあっ…すげえ…出たな…っ」

「”ありがとうございます”は?たっぷりタンパク質を与えてやっただろうが」

 

 

未海

「はあっ…はあっ…」

「ありがとう…ございます…」

 

 

もはや未海ちゃん 悪態を突くことすら諦めたんですね。

 

 

熊谷

「次は乳をち○こにはさむ授業だ」

 

 

大きな胸に 熊谷先生の大きなチ○ポも全部挟まります。

 

 

これに 予習してきたのかを確認する熊谷先生。

 

 

未海

「…強く挟んで…擦る…上下に…」

 

 

熊谷

「どこを…!?」

 

 

未海

「カリ首から…根元の方まで…」

 

 

確認を終え 本格的に未海ちゃんに擦らせる熊谷先生。

 

 

熊谷

「うあっ…はっ…」

「また出る…っ!!」

 

 

―――びゅびゅびゅっ!!

 

 

熊谷

「き…今日のところは」

「及第点ということで…終わりにしてやる」

 

 

思った以上に凄かったんですね…(笑)

 

 

フ○ラとパイズリは必須科目だと 毎日の練習と復習を義務づける先生。

 

 

これに素直に従う 未海ちゃんなのでした。

 

 

「いじめっこ女子と無人島に漂流したら」4話感想

 

 

熊谷先生 引き続きやりたい放題ですね。

 

 

これ、万が一救助が来たら後が大変だと思うんですが…。

 

 

私が同じ立場なら、今は我慢して救助来た後に盛大に復讐してやろうと考えますね(笑)

 

 

熊谷先生は ここから救助が来るまでに未海ちゃんを堕とすか、救助をスルーするかしかなさそうです。

 

 

次話は「毎日子宮にマーキングされて素直になってきたメスは…」

 

 

徐々に堕ち始めてるみたいですね。

 

 

 続きはコチラ 

 

 

 

「無料立ち読み」はコチラ

↓   ↓   ↓

ガマンは、カラダに禁物♡

 

ハンディコミック【いじめっこ女子と無人島に漂流したら】LP1※スマホ専用

 

エロ漫画やアニメをネタにして

”月収50万円”以上稼ぐ手法を無料公開中!

   

今だけ3万円相当のプレゼント進呈!

   

-いじめっこ女子と無人島に漂流したら

Copyright© チンジャオ娘ネタバレ天国:エロ漫画全作品のあらすじ , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.